So-net無料ブログ作成

― フラグルロックの再放送に関して ―

NHKから「映像が残っていませんでした」との返答がありました
とても残念です

NHKにはフラグルロックの映像が保存されていない件について

― メッセージ ―

・『ロードランナーvsワイリーコヨーテ』ゲーム攻略は別ブログに独立移転させました
 移転先 「砂漠で追いかけっこ」


・「英語初級者によるフラグルロックで英語勉強」始めました
フラグルロックを英語で見て理解したいという思いからリスニングしています
正直全く自信がありません
聞き違い、誤訳、スペルミス、「丸っきり違うじゃないか」等あると思いますが、暖かい目で見守って下さいませ

― これまでに取り上げた回はこちら ―

(コンプリートDVDに準ず)

ファーストシーズン
1話『Beginnings(そとの国ってどんなとこ?)』 その2 その3
4話『You Can't Do That Without a Hat(帽子がなけりゃ)』 その2 その3
5話『The Thirty-Minute Work Week(仕事さがしが大仕事)』 その2 その3
6話『The Preachification of Convincing John(ビルディング食べちゃダメ)』  ドーザービルの作り方
8話『The Terrible Tunnel(おそろし穴見つけた)』 その2 その3
9話『The Lost Treasure of the Fraggle(まぼろしの宝物)』
12話『The finger of Light(3つの命令)』 その2 その3 その4
13話『We love you,Wembley(恋しちゃったウェンブリー)』  その2
14話『The Challenge(リーダーはどっち?)』 その2 その3
17話『Marooned(友だちっていいな)』  その2 その3 その4
18話『The Minstrels(歌をさがそう)』  その2
19話『The Great Radish Famine(ゴミー様のねがいごと)』  その2
20話『The Garden Plot(敵がくる せめてくる)』  その2
22話『Mokey's Funeral(モーキーは帰ってこない)』  UKバージョン

セカンドシーズン
25話『Wembley’s Egg (ママになったウェンブリー)』 その2 その3
29話『Uncle Matt Comes Home(おかえりなさい、ぼうけんマット)』 その2 その3 その4
30話『Boober's Dream(夢で出会ったぼく) 』 その2 その3
32話『All Work and All Play(あそぶの大好き)』 その2 その3
34話『A Friend in Need(こまったときの友達)』 その2
39話 『Manny's Land of Carpets(まほうの箱)』 その2 その3 その4
41話 『Fraggle Wars(戦争なんかやめて)』
44話 『A Cave of One's Own(あんたなんか大きらい)』 その2 その3 その4 その5
45話 『Wembley and the Great Race(勝っても負けても)』 その2 その3

サードシーズン
49話『The Bells of Fraggle Rock(きみのベルを鳴らせ)』
53話『Blanket of Snow, Blanket of Woe(こおってしまったゴミー様)』  その2
54話『Pebble Pox Blues(病気がなんだ)』  その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8
55話『Home Is Where the Trash Is(クズーとボロロの家さがし)』 その2 その3
60話『Gobo's School for Explorers(規則をまもれば)』  その2 その3
61話『Scared Silly(イタズラはやめよう)』  その2 その3 その4 その5
63話『Born to Wander(ぼうけんマット誕生)』 その2 その3
64話『The Battle of Leaking Roof(屋根のあなをふさげ)』  その2
65話『Playing Till It Hurts(ケガにまけるな)』
68話『he Incredible Shrinking Mokey(ほんとの友だち)』  その2
69話 『A Dark and Stormy Night(出て来い!ゆうれい)』
71話『『Sprocket's Big Adventure』  その2 その3

ファイナルシーズン
76話『The Perfect Blue Rollie(しあわせの青い石)』  その2
77話 『Tune for Two(ふたりで歌おう)』 その2
80話『Wonder Mountain(ふしぎ山へいこう)』  その2 その3 その4 その5
82話『Space Frog Follies(カエルくんしあわせに)  その2
83話『Boober Gorg(ゴーグになったブーバー)』  その2 その3 その4
84話『Mirror, Mirror(かがみよかがみ)  その2
85話『The Riddle of Rhyming Rock(なぞなぞ岩のなぞ)』
87話『The Trial of Cotterpin Doozer(コッターピン大ピンチ)』  その2 その3
88話『The River of Life(川を大切に)』  その2 その3 その4
90話『Gone But Not Forgotten(思い出は心の中に)』
91話『Mokey, Then And Now(むかしへきちゃった)』  その2


サンクスギフト
『幻の97話』  『What Will the Fraggles Do ? 』&『What Will the Fraggles Do Now? 』


番外編
『Muppet Family Christmas(マペット ファミリー クリスマス)』  その2  その3

前の5件 | -

ジム・ヘンソン展(ロサンゼルス)開催予定のニュース [フラグルロック]

ロサンゼルスの スカーボール博物館(Skirball Cultural Center)でジム・ヘンソン展『 The Jim Henson Exhibition: Imagination Unlimited 』が行われます。
期間は 6月1日~9月2日

これはジム・ヘンソン展を常設しているニューヨークのMuseum of the Moving Image (MoMI)の協力によるものです。移動式のジム・ヘンソン展の第1弾は昨年から今年の2月までてシアトルで行われましたが、第2弾はロサンゼルスなんですね。


セサミストリート、マペッツ、ダーククリスタル、ラビリンス、そして勿論フラグルロックの展示もあります!

フラグルロックからは、現在、レッドの展示が明らかになっています。
しかも今年35周年を記念したものになるんだって!


詳しいことはSkirball Cultural Center 公式のプレスリリースをご覧ください。
THE JIM HENSON EXHIBITION: IMAGINATION UNLIMITED






コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

フラグルロックのコミックが5月リリース [フラグルロック]

フラグルロックのコミックが出るよ、というニュースです。

アメリカのコミック会社 BOOM! Studio と Archaia から新しいフラグルロックのコミックが今年5月リリースされるようです。
フラグルロックは今年35周年ですがその一環ですね。

フラグルロックのコミックはストーリー毎に違うクリエーターが手掛けており、ラビリンスやストーリーテラーのコミックを手掛けたJared Cullumさん、フラグルロックのコミックでお馴染みのJake Mylerさんの名前が挙がっています。
それぞれのツイッターにも情報されています。









最初のストーリーはモーキーがアートを愛する心を失って友達の助けを借りるというストーリーだそうです。



詳しいニュースはCBRのサイトをご覧ください。

 


コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

フラグル共演ジム・ヘンソンイベント(ニュージーランド)のニュース [フラグルロック]

今春行われるジム・ヘンソントリビュートコンサートにフラグルが出るというニュースです。

俳優でミュージシャンであるニュージーランドウェリントン出身の Bret​ McKenzie(ブレット・マッケンジー)が故郷でマペッツやセサミストリート、フラグルロックのキャラと共にジム・ヘンソントリビュートコンサートを行うそうです。コンサートは4月27・28日。

コンサートの他にも21日間に渡ってジム・ヘンソン展やワークショップ等のイベントがあるそうです。
フラグルロックのマットおじさんやブーバーやマペッツのゴンゾ役の Dave Goelz(デイブ・ゴールツ)さん、マペットのデザイナーでミス・ピギーを作った Bonnie Erickson(ボニー・エリクソン)さんのパネル&ワークショップもあります。


"Uncle Travelling Matt, from Fraggle Rock, could also be part of the event."
「フラグルロックのマットおじさんもイベント参加するよー」 って書いてあります!(ノ≧∀≦)ノ

トラベリングマットの他にどのフラグルが出るかは判明していませんがレッドは出るんじゃないかなあ。テーマ曲は外せないですが、マットおじさんが出るということは ♪Follow Me♪ も歌われると思います。フラグルが歌う姿を見たいですねー!


『The Jim Henson Retrospectacle 』(ジム・ヘンソンレトロスペクタクル)の詳しい内容はニュース元をご覧ください。

Muppets in Wellington: Capital to host world-first Jim Henson tribute concert with Bret McKenzie




コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

フラグルロック35周年と日本での放映開始当時のジム・ヘンソン展他 [フラグルロック]

フラグルロック35周年です!

フラグルロックが本国で初めて放映されたのは、1983年1月10日 です。
つまり放送開始から35年!


フラグルロックの公式ツイッターとフェイスブックはFraggle Rock 35 yearsのトップ絵になっています。

フラグルロック公式FaceBook
フラグルロック公式Twitter

フラグルロックのスタッフの言葉がいくつも紹介されてますのでいくつか紹介します。



博士の部屋の描写がされてます。
第一話の引っ越す前の様子ですね。
空き部屋でクモの巣が張られ壁には板が立てかけられ、明かりは汚れた窓から入ってくる、と書かれています。




ブーバーと演じているデイブ(Dave Goelz)さん
デイブさんの好きなエピソードは『Boober's Quiet Day』(シーズン2の「ブーバーのしずかな一日」です)
ブーバーともう一人のブーバーであるサイドボトム(日本版ではハッピー)とのやりとりというチャレンジに興奮したからだそうです。
レッド役のカレンさんもこのエピソードが好きだそうです。




マットおじさんとデイブさん
フラグルロックは革新的だよ、違う種や個人や環境のハーモニーだから。僕たち人間は学ぶものがたくさんある




レッドと演じるカレン(Karen Prell)さん
好きな歌はテーマ曲。みんなパンパンって手を打たずにはいられないから、だって(ノ∇≦*)




カレンさんとスプロケット(犬のマック)
好きなキャラは何もかも!一緒に働くのもステキだし、おかしくて、活発で献身的な仲間だから






カンタスと演じるジム・ヘンソン(Jim Henson)
脚本家のジョセリン(Jocelyn Stevenson)さんはジムと一緒に作り上げたカンタスが好きなんだそう




ジム・ヘンソンとフラグル&ドーザー
プロデューサーのローレンス (Lawrence S. Mirkin)さんは、フラグルロックは作り手の僕たちにも贈り物、みんながフラグルロックを作ったら楽しいだろうなと考える以上に楽しかったとみんなに言ってるそうです



フラグルロック公式FaceBook にはこの他にも載ってます。




ちなみに日本での放映開始は3年後の1986年7月21日(月)NHK総合です。
ちょうど『ラビリンス -魔王の迷宮-』が7/5全国ロードショー公開されたばかり。
8月には「ジム・ヘンソンのマジカル・ワンダーランド」展が開催され、記者会見が行われたそうです。

持ってる資料の写真チラ見せ
IMG_5676.JPG

その展覧会にはフラグル、スプロケット、ゴーグ王子も展示されていたんだって!
どなたかご覧になった方いますか?

(その時の展覧会には、「ラビリンス」のルド、サー・ディディモス、ホグル等、「セサミストリート」のビッグバードやアーニー、「ダーク・クリスタル」のスケクシスやミスティック等、た~くさん展示されたそうです)

1986年の日本の夏ってのは、「ラビリンス」映画上映中だよー!、「フラグルロック」テレビ始まったよ!!、ジム・ヘンソン展やるよー!来日もするよー! だったのですヨ!(≧ω≦)彡☆羨ましい!



現在フラグルロックの展示が行われているのは米国アトランタにある Center for Puppetry Arts(主なフラグルの他モブキャラもいる!) シアトルのMoPop(レッドとウェンブリー)、 ニューヨークのMuseum of the Moving Image(ゴーボー、マット、カンタス) だと思います。










コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

フラグルロックパペッティアのテリー・アンガスさんへのインタビュー紹介 [フラグルロック]

フラグルロックのストーリーテラーその他をやっていたパペッティアのTerry Angus(テリー・アンガス)さんへのインタビューの紹介です。

テリーさんはフラグルロックのパペッティアのオーディションでジム・ヘンソンさんの前で自作のカーミットをやったことがきっかけで5年間フラグルロックに関わってきました。


Major's Mess Hall - Episode 57 - Terry Angus

テリー・アンガスさんへのインタビューは12分あたりから


いきなりカーミットの声で挨拶してます(ノ∇≦*)

フラグルロックの他にもマペッツやセサミストリートの仕事もしており、あらゆるキャラクターの声で答えるというサービスぶりです(ノ≧∀≦)ノすごい!


フラグルロックの仕事を始めるきっかけやオーディションのこと、最初にやったキャラクターや、ドーザーは最初棒型だったのがラジコンで手を入れて動かすのに変わったこと等話されています。ゴーグの王子や王様の真似までしてます(ノ≧∀≦)ノ


他にもマペッツやセサミでご自身が関わった裏話やパペット製作の話、予算のこと、他のパペッティアさんのこと、諸々答えています。

インタビューは長いですが、いきなり色んなキャラクターの声になるのがとても楽しいです。




コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター
前の5件 | -