So-net無料ブログ作成

― フラグルロックの再放送に関して ―

NHKから「映像が残っていませんでした」との返答がありました
とても残念です

NHKにはフラグルロックの映像が保存されていない件について

― メッセージ ―

・『ロードランナーvsワイリーコヨーテ』ゲーム攻略は別ブログに独立移転させました
 移転先 「砂漠で追いかけっこ」


・「英語初級者によるフラグルロックで英語勉強」始めました
フラグルロックを英語で見て理解したいという思いからリスニングしています
正直全く自信がありません
聞き違い、誤訳、スペルミス、「丸っきり違うじゃないか」等あると思いますが、暖かい目で見守って下さいませ

― これまでに取り上げた回はこちら ―

(コンプリートDVDに準ず)

ファーストシーズン
1話『Beginnings(そとの国ってどんなとこ?)』 その2 その3
4話『You Can't Do That Without a Hat(帽子がなけりゃ)』 その2 その3
5話『The Thirty-Minute Work Week(仕事さがしが大仕事)』 その2 その3
6話『The Preachification of Convincing John(ビルディング食べちゃダメ)』  ドーザービルの作り方
8話『The Terrible Tunnel(おそろし穴見つけた)』 その2 その3
9話『The Lost Treasure of the Fraggle(まぼろしの宝物)』
12話『The finger of Light(3つの命令)』 その2 その3 その4
13話『We love you,Wembley(恋しちゃったウェンブリー)』  その2
14話『The Challenge(リーダーはどっち?)』 その2 その3
17話『Marooned(友だちっていいな)』  その2 その3 その4
18話『The Minstrels(歌をさがそう)』  その2
19話『The Great Radish Famine(ゴミー様のねがいごと)』  その2
20話『The Garden Plot(敵がくる せめてくる)』  その2
22話『Mokey's Funeral(モーキーは帰ってこない)』  UKバージョン

セカンドシーズン
25話『Wembley’s Egg (ママになったウェンブリー)』 その2 その3
29話『Uncle Matt Comes Home(おかえりなさい、ぼうけんマット)』 その2 その3 その4
30話『Boober's Dream(夢で出会ったぼく) 』 その2 その3
32話『All Work and All Play(あそぶの大好き)』 その2 その3
34話『A Friend in Need(こまったときの友達)』 その2
39話 『Manny's Land of Carpets(まほうの箱)』 その2 その3 その4
41話 『Fraggle Wars(戦争なんかやめて)』
44話 『A Cave of One's Own(あんたなんか大きらい)』 その2 その3 その4 その5
45話 『Wembley and the Great Race(勝っても負けても)』 その2 その3

サードシーズン
49話『The Bells of Fraggle Rock(きみのベルを鳴らせ)』
53話『Blanket of Snow, Blanket of Woe(こおってしまったゴミー様)』  その2
54話『Pebble Pox Blues(病気がなんだ)』  その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8
55話『Home Is Where the Trash Is(クズーとボロロの家さがし)』 その2 その3
60話『Gobo's School for Explorers(規則をまもれば)』  その2 その3
61話『Scared Silly(イタズラはやめよう)』  その2 その3 その4 その5
63話『Born to Wander(ぼうけんマット誕生)』 その2 その3
64話『The Battle of Leaking Roof(屋根のあなをふさげ)』  その2
65話『Playing Till It Hurts(ケガにまけるな)』
68話『he Incredible Shrinking Mokey(ほんとの友だち)』  その2
69話 『A Dark and Stormy Night(出て来い!ゆうれい)』
71話『『Sprocket's Big Adventure』  その2 その3

ファイナルシーズン
76話『The Perfect Blue Rollie(しあわせの青い石)』  その2
77話 『Tune for Two(ふたりで歌おう)』 その2
80話『Wonder Mountain(ふしぎ山へいこう)』  その2 その3 その4 その5
82話『Space Frog Follies(カエルくんしあわせに)  その2
83話『Boober Gorg(ゴーグになったブーバー)』  その2 その3 その4
84話『Mirror, Mirror(かがみよかがみ)  その2
85話『The Riddle of Rhyming Rock(なぞなぞ岩のなぞ)』
87話『The Trial of Cotterpin Doozer(コッターピン大ピンチ)』  その2 その3
88話『The River of Life(川を大切に)』  その2 その3 その4
90話『Gone But Not Forgotten(思い出は心の中に)』
91話『Mokey, Then And Now(むかしへきちゃった)』  その2


サンクスギフト
『幻の97話』  『What Will the Fraggles Do ? 』&『What Will the Fraggles Do Now? 』


番外編
『Muppet Family Christmas(マペット ファミリー クリスマス)』  その2  その3

前の5件 | -

フラグルロックパペッティアのテリー・アンガスさんへのインタビュー紹介 [フラグルロック]

フラグルロックのストーリーテラーその他をやっていたパペッティアのTerry Angus(テリー・アンガス)さんへのインタビューの紹介です。

テリーさんはフラグルロックのパペッティアのオーディションでジム・ヘンソンさんの前で自作のカーミットをやったことがきっかけで5年間フラグルロックに関わってきました。


Major's Mess Hall - Episode 57 - Terry Angus

テリー・アンガスさんへのインタビューは12分あたりから


いきなりカーミットの声で挨拶してます(ノ∇≦*)

フラグルロックの他にもマペッツやセサミストリートの仕事もしており、あらゆるキャラクターの声で答えるというサービスぶりです(ノ≧∀≦)ノすごい!


フラグルロックの仕事を始めるきっかけやオーディションのこと、最初にやったキャラクターや、ドーザーは最初棒型だったのがラジコンで手を入れて動かすのに変わったこと等話されています。ゴーグの王子や王様の真似までしてます(ノ≧∀≦)ノ


他にもマペッツやセサミでご自身が関わった裏話やパペット製作の話、予算のこと、他のパペッティアさんのこと、諸々答えています。

インタビューは長いですが、いきなり色んなキャラクターの声になるのがとても楽しいです。




コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

大人気「POP!」シリーズ『フラグルロック』登場! [フラグルロック]

おもちゃメーカーFUNKO(ファンコ)の『POP!』シリーズにフラグルロックが登場します!


フラグルロックを出すよ~という公式ツイート




ゴーボー、レッド、モーキー、ウェンブリー、ブーバーのフラグル5に加えドーザーたち、そして犬のマック(スプロケット)というラインナップになっています。
(ドーザーのコッターピンはレッドじゃなくウェンブリーと一緒の箱なのか)

発売予定は12月になっています。

(追記)




トラベリングマットも出るそうです!
マットは冒険中のため出没する店は限られていて探すのはちょっと大変かもよ~ということらしいです(ノ≧∀≦)ノあはは!




詳しくは Funco のブログサイトをご覧ください。
Coming Soon:Fraggle rock POP!




コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

フラグルロックのストーリーブック『Red and the Pumpkins』の紹介 [フラグルロック]

ハロウィンシーズンなのでフラグルロックにカボチャが出てくる話を紹介したいと思います。



Red and the Pumpkins』(1983年発行 Jocelyn Stevenson 著  Kelly Oechsli 絵)

IMG_5052.JPG

絵本というより挿絵のついた子ども向けのストーリーブックです。
フラグルロックの放送当時に作られた子ども向けのフラグル本のシリーズの1冊です。



タイトルで分かるようにレッドとカボチャのお話。

ゴーグの庭からラディッシュを取ってきたモーキーが大変そうなのを見て、レッドが代わりに行くことにします。
ゴーグ王子がカボチャの種をバラまいたため、レッドはカボチャの種をフラグルロックに持ち帰り、みんなに内緒で育ててびっくりさせようとします。
カボチャがフラグルロックで育てばゴーグの庭に行く必要がなくなり喜んでもらえるからです。
でもカボチャはなかなか芽を出しません。それでも辛抱強く待っていると、ある日芽を出しとうとうカボチャがなります。
カボチャはどんどん実がなります。遊んでよし、食べてよし。フラグルたちは大喜び!
ところがカボチャの種から次から次に芽を出しフラグルロックはカボチャだらけ。足の踏み場もないほどになってしまうというストーリーです。

IMG_5051.JPG


フラグルは食べ物を自給自足しないのかという疑問の答えがここにあります。

 野菜を育てる場所はゴーグの庭でなければならない

だって大変なことになるから!(ノ≧∀≦)ノあはは!


この本で明かされるトリビア

・フラグルはカボチャを美味しそうだと思いながらも食べたことがなかった。なぜならゴーグの庭から持ち帰るのが大変だから
・ゴーグ王子がラディッシュを育てているのはフラグルをおびき寄せて捕まえるため
(本編19話 >『The Great Radish Famine/ゴミーさまのねがいごと』 ではラディッシュで作ったクリームがないとゴーグは頭から順に透明になってしまうことが判明(≧ω≦)彡)


子ども用の本なので挿絵も多く、フラグルたちの姿もかわいいです。



この『Red and the Pumpkins』のアマゾンの商品ページをリンクしておきますね。

アマゾンの商品ページ『Red and the Pumpkins』






コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

マペットは本人であるべきか、代役マルチキャストの経緯 [マペッツ]

マペットキャストの交代及び代役の何が問題なのかということについて書きたいと思います。

ジム・ヘンソン後カーミットを27年やってきたSteve Whitmire(スティーブ・ホイットミア)からMatt Vogel (マット・ヴォーゲル)へ交代というニュースが7月に発表されました。
本人の希望ではなく事実上の解雇です。

これは「マペッツ」だけの問題じゃなく「フラグルロック」や「セサミストリート」にも大いに関係する話なので、フラグルロックファンもちょっと耳を傾けて下さいませ。

スティーブさん(以下敬称略)が演じているキャラはカーミットだけじゃありません。
マペッツのビーカー、リゾ、スタトラー、フーフー、ニュースマン、リップス、全部降ろされたということになります。
そしてハッキリしていませんが「フラグルロック」のウェンブリーも今後できないと見ている人もいます。もしフラグルロックの映画ができたとしても別の誰かがやることになる可能性があるわけです!

相変わらず「フラグルロックの映画なんて本当になるかわかんないし~」な状態だけど、イベントでフラグルたちが登場する場合、基本的に当時のキャストがやってます。(唯一ゴーボー役のジェリーさんが亡くなり John Tartagliaさんが代役)
レッド役のカレンさんはどんな小さなイベントだろうと全て彼女が演じてます。あの頃に比べたら歳とってるし現在はアニメーターの仕事してますが、レッドやるのはカレンさん以外にいません。ライフワークだからです。


カーミットだけの問題じゃないと分かってもらえたと思うので改めて今回の騒動で浮かび上がってきたある問題点について書きたいと思います。

なんで(一部のファンが)こんなに大騒ぎしてるのか?

それは「マペッティアを降ろすというのはキャラクターそのものを殺すようなものだ」と考えているからです。
ジム・ヘンソンが作ったマペットのキャラクターは基本的にマペットパーフォーマー(以下マペッティアと書きます)が死ぬか病気等で演じられなくなるまでそのキャラと向き合ってきました。マペッツ、フラグル、セサミストリート、どのキャラも同じです。

マペッティアは自分の子供として受け持ちのキャラを育てていると考えてみてください。親(マペッティア)の影響を受けて子供(キャラクター)は育ちます。マペッティアがライフワークとしてキャラを受け持つのは親(マペッティア)は一生子供(キャラクター)の親という考えだからです。

創始者のジム・ヘンソンはキャラの権利の一部をマペッティアに与えてどう成長させていくかを楽しんでいるようなところがありました。
キャラクターのアイデンティティは演じるマペッティアによるところがとても大きいのです。

今回のことは例えるなら曾祖父(ディズニー)が親を追い出し勝手に孫に新しい親を与えたようなもので、キャラクターのアイデンティティを変えるようなもの、ひいてはキャラクターを殺すようなものとして、一部のファンが大騒ぎしているのです。

本当のことは分かりませんが、カーミットのリキャストはマペット界の大きな問題であり、困難な状況でカーミット役をMattに決めたのはできる最大のことだったように思います。


リキャスト理由の一つとして浮かび上がってきたもののひとつに「代役」「マルチキャスト」問題があります。これはディズニーに権利が映った直後から出てきた問題の一つです。ジム・ヘンソンの時代には代役(understudies)はありませんでした。


経緯はこうです。(名探偵モンクの名台詞(≧ω≦)彡)

2004年…マペッツをディズニーが買収
当時のThe Muppets Holding Companyの責任者「各キャラ毎に6~12人のパペッティアを用意して全国同時展開」→主要マペッティアが猛反対(マペットのクローンをたくさん作ったらキャラを育てられず価値が落ちる)

2005年…主要キャラの代役パペッティア公開オーディション「君もカーミットになれる」

2006年…主要キャラの代役パペッティアワークショップ(後述)

2005年2月…『The New York Fashion Week(2005)』にピギー登場。マペッティアの Eric Jacobsonが参加できずKevin Clashが声は出さずに代役(一時的に他の人が操作することを代役(understudies)ではなく "stand-in" と呼んでいるそうです。stand-in の場合、声はオリジナルが録音し、操作のみ担当)
 http://muppet.wikia.com/wiki/New_York_Fashion_Week

2005年10月…『Reel Classics Extra』 スタトラーをDrew MasseyがウォルドーフをVictor Yerridが代役(これは本人が出演できないからではなくマルチキャストです)
 http://muppet.wikia.com/wiki/Reel_Classics_Extra

2005~2006年…『Statler and Waldorf from the Balcony』スタトラー、ウォルドーフ、ペペが
登場。1~8話は本物、9話以降は代役(マルトキャスト) スタトラー、ペペ…Drew Massey、ウォルドーフ…Victor Yerrid
 http://muppet.wikia.com/wiki/From_the_Balcony

2006年…ディズニークルーズ 『Muppets Ahoy! 』 カーミット、フォジー、ピギー、ゴンゾ他全て代役(マルチキャスト)によるショー
 http://muppet.wikia.com/wiki/Muppets_Ahoy!
当初はオリジナルがやる予定だったが代役がやることに決まり、コアマペッティアは反対、責任者に説明を受けに行ったが決定事項だった、スティーブはマペッツがマペッツであるために少なくとも一度は自分が出演したとブログに記述

2005年~2007年…『 Save the Muppets』ファンによる"one Muppet, one voice"「一つのキャラに一人の声」運動。マルチキャストへの反対運動

2009年…『D23 Expo(2009)』 カーミット代役Artie Esposito
http://muppet.wikia.com/wiki/D23_Expo

2009年…『America's Got Talent(2009)』 カーミット代役Artie Esposito
http://muppet.wikia.com/wiki/America%27s_Got_Talent



問題の発端ともいえる代役オーディジョンについて
2006年、主要キャラの代役パペッティアオーディションでは1000人の中から8人が選出され、ディズニーワールドで1週間のワークショップが開かれました。
カーミット、ミス・ピギー、フォジー、ゴンゾの代役が選ばれています。



動画にはJane HensonとHeather Henson、Martin Baker、Debbie McClellen(現マペットスタジオ代表) の姿が映っています。
ディズニーとヘンソンファミリー公認のワークショップだということが判ります。

パペッティアは以下
カーミット…Artie as Kermit
フォジー…Gabriel Velez
ゴンゾ…Brett O’Quinn
ピギー…Tony Whitten

動画にはありませんがもう一組
カーミット…Drew Massey with Victor Yerrid
フォジー…David Stephens
ゴンゾ…Brett O’Quinn
ピギー…Micheal Lisa


問題点
ディズニーがこの代役をどういう意図で使おうとしていたのか
ヘンソン側はディズニーの意図をハッキリ分っていたのか不明
Martin Bakerはディズニーワールドでのモールやグリーティングのためだと言ったらしい
ワークショップでのパペット指導はマペッティア本人からではなくディズニーのパペッティアによる指導だった

カーミット、ピギー、フォジー、ゴンゾ役なのに、カーミット、ピギー、フォジー、ゴンゾのマペッティア本人が不在!

この中でフォジーをやってるGabriel氏は “Where are Steve, Eric, Bill or Dave?“と思ったとコメント。選ばれたパペッティアさんたちも本人指導だと思っていたんじゃないでしょうか。

コアマペッティアさんたちにこのワークショップのことを知らされていたのかも不明。知らされていたとしても反対していたと思われます。
少なくともこの動画の存在は4人とも知らされなかったそうです。

このワークショップ後、代役として選ばれたパペッティアさんたちに連絡はなく、そればかりかその後「マペッツ」の仕事が一切なくなったらしいです。(2009年のイベントを除く)
選ばれたパペッティアさんたちはヘンソンカンパニーやセサミストリート等で仕事しているプロも多く、オーディション前にはマペッツでも仕事していたのが、何故かマペッツからピタッと連絡が途絶えた。その為ブラックリストに入れられたのではないかと懸念。
スティーブの解雇後何故かマペッツの仕事(ハリウッドボウル)の連絡がきた人が数名。このためブラックリスト化したのはスティーブなんじゃないかという噂が出たが、スティーブは「自分にはキャスティングの力はなく決定権はスタジオにある」とブログに書いています。

同じくGabrie氏は「代役」は本人がどうしても出演できない場合の代わりであるべきとコメントしていますが、ディズニー側はそう思っていなさそうです。

マペッツのマペッティアはディズニーの社員ではなくプロジェクト毎の契約であり、ディズニーは本人との契約がうまくいきそうにない場合や予算を考えて代役を使おうという意図があったように思います。
元々ディズニーはたくさんの「中の人」つまり「カーミット1」「カーミット2」「カーミット3」を作ろうとしていて、"one Muppet, one voice"「一つのキャラに一人の声」運動で一応収まった形になったけれど、今後どうなるのか。

Steveはジム・ヘンソンと一緒に仕事して彼の精神をとても大事に仕事していました。現カーミット役のMattはジム・ヘンソンに会ったことはありませんがその精神を大事にしており9月のハリウッドボウルライブで素晴らしいカーミットを見せてくれました。
今後マペッツがどんな展開を見せてくれるのか分かりませんが、間違えても「そっくりなら誰でもいい」という物まねショーにならないことを祈ります。
ディズニーがマペッツとマペッティアの関係をリスペクトすることがマペッツの真の価値につながると思っているファンは多いです。






タグ:マペッツ
コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

あなたの旅のお供にゴーボーとレッドをSuper Impulse Toysのフラグル企画 [フラグルロック]

フラグルロックのぬいぐるみ等を出しているおもちゃ会社 Super Impulse Toys のサイトで自社のぬいぐるみのゴーボーとレッドを連れてバケーションに行った様子がブログに載っています。ゴーボーとレッドの写真がいっぱいです。


On Vacation With Fraggle Rock’s Gobo and Red

フィッシャーアイランドだと書かれています。砂浜のゴーボーとレッドがかわいい(⋈◍>◡<◍)。✧♡  



また公式ツイッターとフェイスブックでゴーボーとレッドのキーチェーンの背景から「何処にいるでしょうか?」というクイズも。
Super Impulse FB







こちらはフィッシャーアイランドではなさそうだよね。


Super Impulse Toys から出ているフラグルロックのぬいぐるみについては以前の記事を参考にしてください。フラグルロックのぬいぐるみ発売予定のニュース


コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター
前の5件 | -