So-net無料ブログ作成
検索選択

フラグルロック53話『Blanket of Snow, Blanket of Woe』 その2 [フラグルロックで英語勉強]

では、53話 『Blanket of Snow, Blanket of Woe』の続き。
ゴミーさまが凍ってしまった話です。 前回 → その1


この回もフラグル用語がいくつか登場するのですが、殆ど、というか全て料理関係です。

― フラグル・ゴーグ用語 ―
 Frozen Radish Bisque ・・・フローズン・ラディッシュ・ビスク。凍ったラディッシュから作るスープ
 Doozer Stick Consumme・・・ドーザー・スティック・コンソメ
 Beebleberries・・・ビーブルベリー。スープの材料の一つ
 Dried Lulu Blossoms・・・ドライ・ルル・ブロッサム。これもスープの材料の一つ
 Good-time Goombah Soup・・・グッタイム・グンバ・スープ。ゴーグのスープ名
 Greaseberry Seeds・・・ゴーグの庭に生えているグリースベリーの種(グリースベリーはほかの回にも出てくる植物です)

この回はブーバーのスープとゴーグ王妃が作るスープ関連用語がいっぱい。
スープを作る材料名の殆どはフラグルロックオリジナル用語です。
ゴーグ王妃のスープ(Good-time Goombah Soup)はこの回の見せ場の一つになっていて、このスープの作り方が歌になっています。

Good-time Goombah Soup (グッタイム・グンバ・スープ) ~
 【材料】(ingredients of the soup )
  サヤインゲン(green beans),
  ビーブルベリー(beebleberries)
  ドライ・ルル・ブロッサム(dried lulu blossoms)
  凍ったラディッシュ(frozen radishes)
  塩とこしょう(salt and pepper)

 【作り方】
 ♪ Take a pinch of this and a shake of that, これをひとつまみ、あれをひと振り
 ♪ And a splash of somethin' good, ステキななにかをぽちゃんと

・・・いや、まあ、適当な歌詞だけど、王妃はちゃあんと分かってるのでこれでいいのでしょう(笑



この回で判明するトリビア
・ゴーグ王妃のお母さんの名前はクイーン・エスメラルダ(Queen Esmeralda)
・ゴーグ王はグレースベリー・シードが好物

グッタイム・グンバ・スープは王妃の亡くなったお母さん直伝なんですね。



ではでは53話『Blanket of Snow, Blanket of Woe
♪ 日本語でストーリー紹介 ♪


モーキーはゴミーさまに雪よけ防水シートを編んであげる約束をしておきながら忘れちゃったの!
そのせいでゴミーさまは凍ってしまいカチンコチン。
そこへ「スープができたよ」とブーバー。それよ!そのあったかいスープ、ゴミーさまにあげましょう。
でも溶かすことができたのはゴミーさまの片手だけ。
「もっとスープを」とゴミーさま。
でもフラグルに比べてずいぶん大きいゴミーさまを溶かす量のスープを用意できるの?
一方、ゴーグ王子は王妃の手伝いでスープを作る材料集め。さあスープを作りましょう。
ゴーグのスープならゴミーさまを溶かすに十分なはず!モーキーとゴーボーはいざゴーグのキッチンへ。
王子の集めた材料の中にはグリースベリー・シード(greaseberry seeds)が。こんなもの入れたらスープがまずくなってごみ置き場行きじゃないのと王妃。
そういうことなら・・・モーキーは危険を顧みずグリースベリー・シードを投入。
おいしくできるはずだったグッタイム・グンバ・スープ(good-time goombah soup)はおっそろしい味に!
かくて、スープはゴミーさまのもとに捨てられ、ゴミーさまは無事生き返ったのでした。



前回やった動画部分がこの回の導入部です。
ゴミーさまが凍ってしまったのを見て、約束を破った自分の責任だと感じたモーキーは、一旦部屋に帰ります。

前の部分でレッドは足首をひねることを ”twist my ankle”と言っていましたが、別の表現も使っています。

レッド ” It's lucky for you I sprained my ankle,Gobo. ” 「私が足をくじいていてラッキーだったわね、ゴーボー」
 ”sprain one's ankle” …足首をくじく

アイスホッケーの試合でゴーボーのチームに負けたから、負け惜しみを言っているわけだけど、この後のふたりのやりとりが面白かったので書いておきます。

レッド ”My team had broken your defense and we...”
  「私のチームはあなたたちのディフェンスを打ち負かしてたし・・・」
ゴーボー ”The only thing you broke was your ankle,brave braid-brains.”
  「きみが打ち負かしたのは君の足首だろ」

別に難しいところはないのですが、ゴーボーが最後にレッドのことを”braide brains”と言っているんです。(brave-brainsと書いていたんですが、braid-brains が正解。braid…糸・ひも・髪の毛などをより合わせるという意味、三つ編み、要するに「脳みそまで編んでるんじゃない?」ってこと )
そのbrave brain に対して

レッド ” Listen,hatheads, as soon as this heals,you're on. ”

と応戦しています(笑
そばにいるウェンブリーがこの”braid-brains” ”hatheads” の言葉に反応してるの。(面白いこと言ったぞ)(おおっ言い返した)ってアクションしてるんだよ。
フラグルロックってたまにこういう愉快なやりとりがあるんだよね。
それも大体いつもレッドが応戦する形(笑 ←言われたら言い返さないと気が済まない性格が出てる(ノ∇≦*)

んでもって、その後みんなを呼びに来たブーバーの台詞がこれ↓

ブーバー ” Soup's on! Come and get it! A hot Consommé to thaw a cold brain.”
thaw…解ける、冷えた体などが温まってほぐれる

” cold brain ですってよ(笑
こういうセリフ回しもフラグルロックには結構多い気がします。

そうそう!

Come and get it !
 「食事の用意ができたよ、食べにおいで」っていう意味です。

モーキー” That's perfect! ” 
ブーバー” What? Now you like soup? ” (←前に”She doesn't like soup anymore? ” と言っていたブーバー)
モーキー” We'll take every last drop of Boober's soup and we'll dump it on the trash heap. ”
 「ブーバーの作ったスープを一滴残らずゴミ山に投げ込むのよ」
ゴーボー” Terrific idea!! ” 「いい考えだね!!」
ブーバー”What?! ”「なんだって?!」

あははは(ノ∇≦*) わけが分からないブーバー(笑

ブーバー”Will somebody please tell me what is happening? ”
 「いったいなんなのか誰か説明してよ」

みんなでゴミーさまのもとへ。スープをかけたけど、動いたのは指だけ。

ガンジ ” What are we supposed to do? Spend our day shaking hands? ”
  「いったいどうしろっていうんだ? 一日中握手して過ごせってか?」

このWhat are we supposed to do? はよく使う表現だけど、このsuppose って語、いまいちうまく使えない語だなあ。


場所変わってゴーグのキッチンシーンですよ~♪
2012y01m19d_161624446.jpg

はいはい、なんでしょうかこれ?
正解はフラグルそっくりの胡椒入れと塩入れです。王子が作って王妃にプレゼントしたもの。
王妃はフラグルが大の苦手。でも、

 ゴーグ王妃 ”Mammy always loves the gifts you make her ”
  「ママはいつだってぼくちゃんが作ってくれたものなら愛おしいのよ」

って。でも王子は、

 ゴーグ王子 ”Ma,cut out the gushy stuff,will ya? ” 「ママ、そういう感傷的な言い方はやめてよ」

だって。
そこにグリースベリーの種発見!

 王妃 ” Greaseberry seeds make soup taste horrible.” 

グリースベリー・シードはスープを恐ろしいものにすると聞いたモーキー。
モーキー「グリースベリー・シードをスープに入れたら、ゴーグはスープをゴミーさまの上に捨てるんだわ! ゴミーさまを救えるのね!」


どうするかって、そりゃもう決まってるでしょ。
だってこれなんだもん↓
2012y01m19d_154645325.jpg
ゴーボーの塩入れとモーキーの胡椒入れ
欲しい~っ!

 モーキー ” I should be the fraggle doing the posing (as the shaker) ”

胡椒入れの真似をするというモーキー。

 ゴーボー ” That’s very brave and very good of you,but I’m the best qualified,in terms of experience...”
「そりゃとっても勇敢でとっても素晴らしいことだよ。でもぼくのほうが経験から言って適任だ」
in terms of …に関して, …の点から

止めに入るゴーボー。危険なので、ゴーボーは自分が代わろうとしています。


モーキー ” You don't understand. I've got to do it.ME! It's my responsibility.I caused the trouble and now I'm gonna finish it.”

「分かってないのね。私がやらなきゃいけないのよ。(あなたじゃなくて)私がね。私の責任なんだもの。私のせいでトラブルになっったんだから、私が終わらせなきゃいけないの」

モーキー ” Besides..” 「それにね・・・」
よいしょっと・・・
2012y01m19d_164735338.jpg

モーキー ” You're too short! ”
 「あなたじゃ、ちっちゃすぎるわよ!」

2012y01m19d_164938651.jpg

あはははは。
フラグル5人の中でモーキーが一番背が高いもんね。
王妃はモーキーが入れ替わったことに気がつかず、胡椒だと思って振っています。これで無事グリースベリー・シード投入成功!

 王妃 ” How would you like to taste my soup? ”

味見をしたゴーグ王子はうへぇという顔。そこへ王様がやってきて味見。
王「うまい!グリースベリー・シードは大好物だ」
王妃「なんですって?! ・・・げーっ!」
(王妃は「げーっ!」なんて言わないというツッコミはしないでね)
スープはゴミ行き決定!
王様は「捨てなくてもいいのに・・・」と食べたそうにしてますが、「グリースベリー・シードなんて恐ろしい。それを食べたあなたの吐く息も耐えられない」と言われてます(笑

 王妃 ” All that work for nothing.”

「今までの苦労が水の泡」「ただ働きだ」、要するに骨折り損のくたびれもうけって意味です。



ゴーグのスープをかぶったゴミーさま。

 ゴミーさま ” That's what I call Gombah! Greaseberry seeds,right? Delicious! ”

 「これはグンバだね! それにグリースベリー・シードじゃないか。デリシャス!」

モーキー ”Madam Heap,it was all my fault.I really really sorry.I promised to knit you that tarpaulin,well I didn't.But,but from now on I promise to keep all my promises. ”

モーキーは自分の過失を謝り、これからは全ての約束を守るという約束をしています。
そこにブーバーとウェンブリーがスープを持ってきます。
(モーキーとゴーボーがゴーグのキッチンにいる間、ふたりはフラグルロックに戻ってスープ作ってたのね♪)

 ブーバー ” Hey look! Just whipped up a fresh little bisque batch of the moss bouillon. ” (訂正入れました)
  whip up …急いで準備する・料理するという意味
  batch...ひと焼き分、ひとかまど分

bouillonはブイヨンです。
ビスク(bisque)だの、コンソメ(Consommé)だの、ブイヨン(bouillon)だの、ブイヤベース(bouillabaisse)だの、この回はスープに関する単語が多いなあ。
ちなみに、ブイヨンとコンソメとビスクの違いは何かってことだけど、ブイヨンは洋風の出汁、コンソメはスープとして完成したもの、ビスクは滑らかでクリーミーなスープ、ってところでしょうか。


最後のゴミー様の台詞

 ゴミーさま ” Oh! A third Course! How civilized! ”

ここね~、迷ったんだけど、恐らく” A third Course! ” はコース料理の3品目ってことなんじゃないかと。

 1品目 Hot Consommé for the cold brain(冷えた頭脳のためのホットなコンソメ)
 2品目 Good-time Goombah Soup (グッタイム・グンバ・スープ)
 3品目 Fresh Little Bisque of The Most Bouillon(殆どブイヨン状態のフレッシュなビスク)

スープばっかりじゃないか!あはは。
続く” How civilized! ”
直訳すると「なんて文化的!」「なんて礼儀正しい!」「なんてお上品!」ってなカンジ。言い換えたら「まるでセレブ!」(ノ∇≦*)あははは。ゴミとは対極の言葉ですねー。





~ 今回の使えそうなフレーズ ~

ブーバーの台詞から。「食事の用意ができたよ。食べにおいで!」

 Come and get it!


続いて、クズーとボロロ(フィロ&ガンジ)の台詞を2つ

 What are you going to do?
 What am I supposed to do?

 「一体どうするつもりだ?」「一体どうしたらいいの?」


ゴーグ王妃の台詞から

 Waste not,want not.  

 「浪費しなければ物に不自由することもない 」という諺。日本語で言ったら「もったいない精神」のことなんだって。



もうひとつ。ゴーグ王子の台詞から

 Cut it out!

 「いいかげんやめてよ」

博士の台詞から

 Some other time then.

 「またの機会に」


どれもそのまま使えるフレーズだからこのまま覚えちゃおう。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0