So-net無料ブログ作成
検索選択

フラグルロック54話『Pebble Pox Blues』その1 [フラグルロックで英語勉強]

今回のリスニングはこれ。
フラグルロック54話『Pebble Pox Blues』(コンプリートDVD第3シーズン1枚目)

この回のキーワード
 germs・・・細菌、病原菌
 contagion・・・感染、伝染
 contagious・・・伝染しやすい
 pox・・・疱瘡
 the symptoms in a severe case・・・重篤なケースの症状

このキーワードを見ただけで誰が主役か想像できちゃいそう。そう、ブーバーが主役!
ブーバーが抱いている恐怖症の中でもダントツなのが、germs(細菌一般なので複数形)
第1シーズンの最初からしょっちゅう口に出しているので、いやでも覚えた単語のひとつ。
バイキン、病原菌、細菌、感染、悪夢、スライム・・・ブーバーが恐れているものですね~。
マペットたちのクリスマスの中でカーミットやロビンに会ったときも「germs持ってるかもしれないから触らないほうが・・・」と言ってたっけ(ノ∇≦*)


この回もフラグル用語がたくさん!
まずはタイトルに使われているこちら

 Pebble Pox

これは病気の名前です。
pebbleはパーフェクトブルーローリーの回にも出てきた単語だけど、丸い石のこと。poxは痘(天然痘とかの痘)
丸いカサブタような痘が全身にできる病気です。
その他の症状は以下のブーバーの問診を参考にして下さい。

ブーバー“ You have a fever,don’t you?” 「熱があるんじゃない?」

ブーバー“ I’m gonna ask you some medical questions now. Does your fur feel frizzy? ”
 「では医学的な質問をいくつかします。あなたの毛皮が縮れていますか?」

ブーバー“ Your teeth feel ticklish?”「歯がむず痒いですか?」

ブーバー“ Does your tail ache?”「しっぽが痛いですか?」

上記に当てはまっていればアナタも立派なPebble Pox!
ちなみにPebble Poxは

 “ It is the most contagious disease a Fraggle can have.”
 「フラグルがかかる最も感染力の強い病気」

です。一度なると抗体ができて二度とかからないみたい。



フラグル用語
 pebble pox・・・伝染性の病気の一種。高熱、歯のうずき、しっぽの痛み、全身に疹が出る
 the Cave of Shadows・・・フラグルロックにある洞窟の名前。シャドウ洞窟
 doogan-berries・・・ドゥーガンベリー。pebble pox薬の主材料
 jumble-grass・・・ジャンブル草。抗生物質
 moon-rose・・・ムーンローズ。熱を下げる効能がある
 Poison Cackler・・・フラグルロックに住んでいる恐ろしい生き物、ポイズンカックラー。


物語はゴーボーがこのpebble poxにかかることろからスタート。
これ以上広がらないように薬の材料を集めに出かけるブーバーとウェンブリー。
でも途中でウェンブリーが倒れ、重症化して死にそうになっちゃう。
病原菌が怖くてたまらないブーバー。さあて、どうする?
死にそうな友達を見捨てておけるの?

この回はそんなお話です。



いつも長くなりすぎるので、少しずつ書いてみます。
今日は博士と犬のシーンだけね。

― 博士と犬のシーン ―

カレンダーに書かれたcheck-up
check-upは健康診断のこと。今日はスプロケットの予防注射の日。
注射が怖いスプロケットは隠れたりカレンダーを見えないようにするけど、気づかれちゃいました。

博士 “You want to avoid your annual visit to the vet to your shots.”
 「さては注射しに獣医のところへ行くのを避けようとしているな」
 annual・・・毎年恒例の
 vet・・・獣医
 shot・・・注射


中間部。宿の女主人からの電話
飼い犬エアデールテリアのマリーゴールドが病気になっちゃたんだけど病院に行くのを怖がって隠れてるっていうの。

博士 “And you were wondering if Sprocket could come over and convince her to shot to go to the vet? Well,I’d like to help, but... ”
 「スプロッケットに来てもらって動物病院で注射してもらうよう説得してもらえないかって? 手伝いたいのは山々なんですが・・・」

マリーゴールドと聞いてスプロケットが家を飛び出しちゃった(ノ≧∀≦)ノ

博士 “We’ll be right over. ” 「すぐに行きます」

あはは。

んでんで、後半部。
スプロケットったらマリーゴールドにいいとこ見せようと、自ら診察台に上って注射打つよう要求したのね(ノ∇≦*)
  exmine table・・・診察台


 You were magnificent! I’m sure she thought so,too.



続きは次回。




― 今回の使えそうなフレーズ ―

 I'd like to help, but ~ 「お手伝いしたいのですが~」

 I’ll be right over. 「すぐに行きます」
 これは博士がよく言っているフレーズのひとつですね




  
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0