So-net無料ブログ作成
検索選択

フラグルロック54話『Pebble Pox Blues』その6 [フラグルロックで英語勉強]

フラグルロック54話『Pebble Pox Blues』(コンプリートDVD第3シーズン1枚目)のリスニング、6回目♪



ウェンブリーが伝染性のPebble Poxにかかっちゃって、距離を置いてるブーバー
ウェンブリーは動けず、ブーバー、ブーバーと呼んでます。

 ブーバー「聞こえてるよ、ウェンブリー」
 ウェンブリー「どこ? すごく遠くに聞こえるけど」
 ブーバー「今行く。ちょっとね、探し物をしてるんだ」

近づけば自分にも感染するかもしれないけど、病気の友達を放ってはおけないので、スカーフで口元を押さえながらウェンブリーのもとへ。ウェンブリーは「声は近くなったけどよく聞こえない。耳がおかしくなったんだ!」って。

 ブーバー(スカーフを外して) “ There are nothing wrong with your ears. ” 「君の耳はおかしくないよ」
 ウェンブリー “ I can hear ! ”

あはは。

でもウェンブリーの症状は最悪。

 ブーバー “ I knew it! I knew it! You are going to have the worst case of Pebble Pox in a history of a sickness. ”
  「そうか、やっぱりそうか! キミのPebble Poxは病気の歴史上もっとも悪いケースになるんだ」

すっかりパニック状態のブーバー

 ウェンブリー “Boober,don’t be afraid. ” 「ブーバー、怖がんないで」
 ブーバー “What? You,the sickest fraggle I’ve ever seen is telling me not be afraid? ”
  「なんだって? 最悪の病気のきみがぼくに怖がるなって言ってるの?」

Don't be afraid.は直訳すると「怖がらないで」だけど、ここでは気にしないでの方がぴったりくるかなと思う。(ここも訂正。次のウェンブリーの台詞が間違っていて書きなおしたので、Don't be afraid.はそのままの意味の「怖がるな」ですね)

 ウェンブリー “ Sure,Boober.Because it isn’t you that's going to die ! ”
  「うん、ブーバー。だって死ぬのはきみじゃないんだから」


ブーバーは「そんなことないきみは死なない、そんなこと言うな、考えるな」って言いつつ不安になっちゃう。
ブーバーはスカーフ越しにウェンブリーの手をナデナデ。直接触れないとこがブーバーらしいなぁ(ノ∇≦*)
でもウェンブリーが咳すると思わずそのスカーフで口元に当てるんじゃあ意味ないよ、ブーバー(この時の仕草がかわいいの♪)

 ブーバー “ Wenbley,just try to be like Gobo.He wouldn’t be scared of a little thing like Pebble Pox,would he? ”
  「ウェンブリー、ゴーボーのふりしてみたら? 彼はPebble Poxなんてちっちゃなことだって気にしない、だろ?」

あっはっは。ふたりはゴーボーがどんな状態か知らないから(笑

ちなみに、ゴーボーはこんな状態です↓
 モーキー “ Gobo.what’s wrong? Red and I could hear you’re moaning all the way over in our cave. ”
  「ゴーボー、大丈夫? レッドも私も聞こえてるわ。あなたのうめき声が私たちの洞窟内にまで響き渡ってる」

 ゴーボー “ Oh. It is horrible Pebble Pox! I can’t stand it !! ”
  I can’t stand it !・・・ 「もう我慢できない!」「とっても我慢できないよ!」

弱音吐いてるゴーボー。ウェンブリーとブーバーがこれを知らずによかったねぇ(笑

 モーキー “ Oh,Gobo,well, it help if I tell the secret of how I turned the Pebble Pox into one of my most gratifying experience? ”
  「ゴーボー、じゃあヒミツを教えてあげる。私がどうやってPebble Poxを最高に愉快な経験に変えたかを」
  gratify・・・心地よい、愉快な、喜ばしい、満足な

モーキーはゴーボーの袖をまくって、汚らしい痘を「視点を変えて見る」ように言い出すの。

 「この痘が恐ろしくてみじめなんて思うからいけないのよ。あなたはそう思わないわよね? これは愛すべき痘だって考えてみて。いーい? このちっちゃな痘はみんな違うの。よく見るとね、色んな形に見えて・・・ほらあった! たんぽぽ畑よ!」

モーキー節炸裂(っ*≧▽≦)つ
流石のゴーボーもこれには太刀打ちできないみたい。

 ゴーボー「マットおじさんのハガキを読んでくれる?」
 モーキー「それはいいけど、まだ私の哲学の途中なのよ」
 ゴーボー「もう十分助かったよ。だから今度はこのハガキできみと愉快な時を過ごそう」

ハガキが終わると、ゴーボーは眠ったふりしてモーキーをやり過ごしちゃた。
モーキーはゴーボーの助けになってよかったと思ってます(笑


続きは次回~♪



― 今回の使えそうなフレーズ ―

I can’t stand it !  「とっても我慢できない!」




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0