So-net無料ブログ作成
検索選択

フラグルロック54話『Pebble Pox Blues』その8 [フラグルロックで英語勉強]

フラグルロック54話『Pebble Pox Blues』(コンプリートDVD第3シーズン1枚目)のリスニング、今回が最後です。

この回のフラグルの最後のシーンです。
ここは傑作なので、全部やっちゃいます。


お皿を手にしたエプロン姿のレッドを見て

 モーキー “ Oh, Red! ”
 レッド “ Hi. ”
 モーキー “ Is that for Gobo? ”
 レッド “ Oh, yeah. He had this sudden craving for parsnip stew right after I finished making him some rutabaga soup...! ”
 モーキー “ Oh, Red, don't be so hard on him. Being sick can be very difficult. ”
 レッド “ Oh, Gobo's not being difficult. HE'S BEING IMPOSSIBLE!! ”

  craving…切望、熱望

 モーキー「ハイ、レッド」
 レッド「ハイ」
 モーキー「それゴーボーの?」
 レッド「うん、そう。急にパースニップ・シチューが欲しいっていうんだもん。ルタバガ・スープを作り終ったばっかだったのに…!」
 モーキー「まあ、レッド、そんなにカリカリしないで。病気になるとわがままになるものよ」
 レッド「ゴーボーはわがままなんかじゃない。手に負えないヤツになってるのよ!!」

あっはっは!  BEING IMPOSSIBLE だって!!

ところで、レッドが言ってるparsnip stewrutabaga soupだけど、てっきりフラグル用語かと思ったら、パースニップ(parsnip)とルタバカ(rutabaga)って本当にある野菜だったとは。
パースニップは見た目は白いニンジンのような冬野菜、ルタバカは西洋カブの一種なのね。
初めて知ったゾ、こんな野菜。

リスニングに戻ってっと。

ブーバーがウェンブリーを連れて帰ってきたよ~。

 ブーバー “ Now,Wembley,just remember what I told you.It’s just a natural part of life. ”
  「ねウェンブリー、ぼくの言ったこと覚えておいて、人生のほんの一部だってこと」

レッドとモーキーが駆け寄ります。

 モーキー “ Wembley! Poor Wembley ! ” 「ウェンブリー、まあかわいそうに」
 レッド “ Oh,great ! An another patient. ” 「やれやれ。患者がもう一人」
 ウェンブリー “ Boober saved my life. ” 「ブーバーがぼくの命を救ってくれたんだ」
 モーキー “ He did !? ” 「そうなのね!?」

モーキーもレッドも「えっ?」って顔(笑
2012y07m07d_155822635.jpg

 モーキー “ Boober, weren't you afraid of catching whatever it is Wembley had ? I mean, well, you know how worried you are about getting sick. ”
 ブーバー “ Oh, don't be ridiculous, Mokey. I'm not afraid of being sick. ”
 モーキー “ You're not? ”
 レッド “ You're not? ”
 ブーーバー “ Of course not. ”
 レッド “ Well, that's good. Then you won't mind it when I tell you that little red dots are starting to appear all over your face ! ”
 ブーバー “ OH, No..! ”
 ウェンブリー “ Boober! Boober, remember, the Pebble Pox are just a natural part of life. Now come on. Now, look at me. Come on.
 レッド “ That makes three patients...!”

 モーキー「ブーバー、あなたウェンブリー抱えて怖くなかったの? つまり、その、あなたって病気になること怖がってるじゃない」
 ブーバー「バカなこと言うなよ、モーキー、ぼくは病気なんて怖くないさ」
 モーキー「そうなの?」
 レッド「そうなの?」
 ブーバー「当たり前だろ」
 レッド「そう、よかった。じゃあ、大丈夫よね、あんたの顔に赤い点々が出始めてるって伝えても」
 ブーバー「ウソだろ…!」
2012y07m07d_155853263.jpg
  倒れるブーバー
 ウェンブリー「ブーバー、ブーバー、覚えてる?Pebble Poxは人生のほんの一部だよ。ほらほら」
 レッド「これで患者が3人になったわね…!」

ま~こうなるだろうって予想はついてたけど、傑作だわ~(ノ∇≦*)
エプロン姿のレッドに半目のウェンブリーなんていう珍しい姿も見られるユニークな回だなあ。
最後にはPebble Poxにかかったドーザーのカットも♪
2012y07m07d_155943838.jpg



― 今回の使えそうなフレーズ ―

 You won't mind it when I tell you that ~

  「~と伝えてもあなたは気にしない(大丈夫)よね」






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0