So-net無料ブログ作成
検索選択

フラグルロック61話『イタズラはやめよう(原題 Scared Silly)』のリスニング その2 [フラグルロックで英語勉強]

今週のリスニングはこちら。

61話『Scared Silly』日本版タイトル「イタズラはやめよう」(コンプリートDVDシーズン3の2枚目に入っています)

その1では公式動画のシーンとその後のゴミーさま&2匹のシーンをやりました。
ブーバーにバルービアスのテストといって脅かされ、仕返しを考えるウェンブリー。ゴミーさまに「復讐したらその結果に責任を伴う」とアドバイスされるんだけど、ゴミーさまの言うことよりフィロとガンジの言う仕返しの方法に耳を傾け実行しようとします。

今回も公式動画があります。


この回ね、フィロとガンジの2匹のシーンが多いの。
フィロのほうはブーバー役のDaveさん、ガンジはゴーグ王子役のRichardさんが演じているのですが、この2匹の聞き取りが難しいったら。前回書いた部分も難儀しました。教科書的な発音してくれないしさぁ(そりゃそうだろう)、2匹とも独特の喋り方だからねえ。
個人的な感想だけど、フラグルロックの中で聞き取りやすいキャラと聞き取りにくいキャラがいるのね。聞き取りやすいのはなんといってもカンタス。ゆったり喋ってくれるから(ノ∇≦*) 
主要キャラはそれぞれ、ゴーボーは訛り(?)があるし、テンション高めのレッドは俗語が多いし、ブーバーは意外と台詞が長いし、モーキーは独特のあの口調だし、どのキャラが聞き取りやすいってのはないんだけど、ただテンション高い時のウェンブリーが一番聞き取りにくいです。聞き取りにくいどころか、なんて言っているのかさっぱり分からないことも…。ウェンブリーは淡々と喋ることがなく抑揚がありすぎるくらいある面白いキャラで、そこがいいところだけど、リスニング初心者にはつらいキャラ^_^;
聞き取りにくいキャラといえばゴーグ王子もそう。これは喋り方に加えてところどころ幼児語が混じるからだと思う。あとはコッターピンも聞き取りにくいなあ。
ウェンブリーやゴーグ王子と同じく、聞き取りにくいのが、フィロとガンジの2匹。(対してゴミーさまは聞き取りやすいです) でも2匹とも私の大好きなキャラクターです!


と、前置きが長くなりました。
この61話ではフィロとガンジの2匹がフラグルロックの中まで来る珍しい回。この2匹が中までやってくる話は3・4回あったと思うんですが、そのうちのひとつです。

だば『Scared Silly』のリスニング、2回目です。

 ウェンブリー “ I’ll get back at Boober. I’ll show him what it’s like to be shocked out of your socks. ”
  get back at…仕返しする
  shocked out of 何々…「ぎょっとさせて何々を奪う」「ショックで何々がなくなる」
  「ブーバーに仕返してやる。ぎょっとさせて靴下が脱げちゃうくらいに」

そうだ、洗濯物に隠れて“ Boo! ”と言って驚かそうと思いつくんだけど、その様子をブーバーが見ていて反対に驚かそうと知らんぷりで歌いだすブーバー。隠れているウェンブリーのしっぽは丸見えだし!←これを見てヤレヤレと言わんばかりのブーバーがこれまたおかしい(ノ∇≦*)
結局はウェンブリーがびっくりし、ブーバーに 再び “ Wembley, your Baloobius is in fine working order! ”と言われています。

 ウェンブリー “ You scared me again…!! ” 「また脅かすなんて…!!」
 ブーバー “ Well, face it, Wembley, I’m an expert on fear. ”  「現実を見て、ウェンブリー。ぼくは恐怖のエキスパートだ」

あははははは(っ*≧▽≦)つ 
ここで思いきり吹いたじゃないか!そ、そりゃ確かにそうだよね~(ノ∇≦*)

そのあとブーバーが作ったという装置(device)が出てきて踏むと飛び上がる仕掛けに脅くウェンブリー。
ウェンブリーは怒ってます! 怒ってます!!
ブーバーは “ I’m only trying to help. ” 「お役に立てばと思ってるだけだよ」って再び同じこと言ってるの~。


マットおじさんのハガキのシーン
目覚まし時計をバルービアスをテストするための装置(device)だと思っているマット。二人の子供たちが時計を止めて寝たのを見て、「装置は期待した効果がなかった。わしがちゃんとしたバルービアステストをしてやろう」と大声で叫ぶという内容。

 マット “ And they passed with flying colors! ”  「見事大成功!」
  pass with flying colors…「大成功を収める」「 見事合格」「やすやすと成し遂げる」ってな意味

マットもバルービアスって言っていますが、彼自身にはバルービアスがないって知ってた?
フラグルの中でしっぽの先がフサフサになっていないのって多分マットだけなの!
マットおじさん.jpg
ね?
靴下と靴を履いているのもマットひとり! 
ブーバーが靴下を洗濯してるけど、フラグルって誰も靴下履いてないし、靴も履いていません←触れてはならない部分(ノ≧∀≦)ノあ、パンツも履いていないんだった(笑
もしかしてマットってフラグルの進化形かっ?(ノ∇≦*)?



ウェンブリーはブーバーと間違えてレッドとモーキーに「わっ!」ってやっちゃいました。
ブーバーには「手伝ってくれてありがとう」と感謝されるけど、モーキーとレッドに怒られて二度とやらないといいます。
このシーン、レッドがウェンブリーに“ Dumb, Wembley, very dumb! ” 「バカなことして!」って怒り、ゴーボーが止めようと“ Hey, Red. Race you to ナントカ! ” 「レッド、ナントカまで競争しない?」って誘うんだけど、ここがよく分かりません。ナントカ(フラグルロック内の地名だと思う)も分からないけど、それよりその後の台詞、

 ゴーボー “ Last one there’s a..ha ha.. Baloobius! ”

これがよく分からん。んー!文字通り訳したら変だよね。競争しようって誘ってるわけだから、「君が鬼だよ」っていう意味で言ってるのかなあとも思うんだけど…。


残ったウェンブリーとブーバー。
失敗したウェンブリーはがっかりんこん。ブーバーは「まあまあまあ」となだめてます。
脅かすのは忘れて一緒に石鹸を取りに行かないかと誘うブーバー。

 ウェンブリー “Wait a second! You’re going all the way down to Rock-Soap Cavern, NOW?”
 ブーバー “ Well, yes, I have to wash all that laundry you hide under. ”
 ウェンブリー “ On second thought, I think I might just stay behind and polish my pebble collection or something like that, you know. ”
 ブーバー “ Okay. Suit yourself. ”
  on second thought…よく考えてみたら、思い直すと
  stay behind…居残る、 あとに残る
 「待って! 石鹸洞窟まで行くの? 今から?」
 「うん。洗濯物を洗っちゃわなきゃ。きみが隠れてたとこにあったやつ」
 「やっぱり、ここに残ってぼくの小石コレクションとか色々磨こうかな」
 「分かった。好きにすればいいよ」
フラグル用語
 Rock-Soap Cavern …フラグルロックにある石鹸石がある洞窟
ブーバーの最後の台詞 Suit yourself. これは 「好きにすれば」「勝手にすれば」っていうちょっと投げやりなカンジを含んだ慣用表現。


ブーバーがいない間に仕掛けちゃおうとウェンブリーがムフフフとなっているところを、またしてもブーバーに脅かされ、その後歌いながら大がかりな仕掛けをしちゃうシーン。
このシーンは公式動画をどうぞ~♪
Fraggle Rock "Scared Silly" Wembley Song


 ウェンブリー “ Oh boy, I’m gonna get him this time! Pebbles, spiders, snakes… ”
 ブーバー “ Wembley, it’s all in the timing. ”

“Boo! と言って脅かすのはうなくいかなかったから、今度はフィロが言ったほうを試すことに。

 ウェンブリー “ Saying BOO didn’t get him, but this will shock his socks off! ”

ここでも、「靴下が脱げるほどびっくりさせてやる」だって(ノ∇≦*)
戸棚にヘビを仕込み、頭上から小石が降ってくる仕掛けをし、飛び出すマスクやベッドに蜘蛛を仕掛けちゃいました。

 ウェンブリー “ And finally, fake spiders for his bed. I’ll put then right here next to his PJs. Oh, boy, Philo and Gunge are going to love this. Wait till I tell them! ”
  「最後にベッドに偽物のクモを。パジャマの隣に置こうっと。フィロとガンジが喜ぶぞ。早く話に行かなくっちゃ!」




 ― 今回の使えそうなフレーズ ―

 マットの台詞から
  You passed with flying colors! 「見事合格だ!」「大成功だよ!」


 ウェンブリーの台詞から
 On second thought I think  「よく考えると~だと思う」


 ブーバーの台詞から
  Suit yourself.  「好きにすれば」「勝手にすれば」


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0