So-net無料ブログ作成
検索選択

フラグルロック61話『イタズラはやめよう(原題 Scared Silly)』のリスニング その3 [フラグルロックで英語勉強]

ハロウィンに合わせてイタズラ話を。今週のリスニングはこちら~♪
61話(シーズン3)から『Scared Silly』(日本版タイトル「イタズラはやめよう」)です。

3回目でい!

Fraggle Rock "Scared Silly" Wembley Song

この動画の後のシーンからです。

ブーバーの部屋に仕掛けをして、ゴミーさまのところへ(フィロとガンジのところへ)やってきたウェンブリー
…の前にフィロとガンジとゴミーさまのシーンが入ります。

今回のシーンが公式動画にupされました!(2013.4.6)
Fraggle Rock "Scared Silly" Marjory


フィロとガンジはゴミーさまにヘビでイタズラし、2匹は大笑い。

 ゴミーさま “ Now, listen, you two! Any more disturbances and I’ll blow up!! ”
 「いいかい、おまえたち!これ以上やったら叱り飛ばすよ!!」

ここです。blow up
ゴミーさまは本気で怒ると言ってるのね。
blow up をもう一つの意味に取ると「これ以上やったら爆発するよ!」になっちゃう。でも続くフィロの台詞が “ Don’t blow up at me. It was his idea! ”「ぼくにblow upしないで。彼のアイデアなんだ」だから、なおさら「叱り飛ばす」「怒鳴る」の意味だよね?

でまた「違う!」「違わない!」「違うもん!」なんてやってるところにウェンブリーが来るの。興奮しながら「きみたちが言ったことを全部やったよ!」って言い始めます。

 ウェンブリー “ I tried BOO first, and when that didn’t work, I put spiders in his bed and big pebbles that’ll fall on his head and scary masks that’ll jump out at him! AND! Get this I even put flying snakes in his cupboard!! ”
  「まずBooをやったんだけどうまくいかなくて、ベッドにクモ置いて、石が頭に落ちてくるようにして、怖いお面が飛び出すようにしたよ!んで、んで!飛び出すヘビも戸棚に入れちゃった!!」

問題はこの後の一連のシーン。
まずウェンブリーの言葉を聞いた後のゴミーさまの台詞。

 ゴミーさま “ The boys just played that old trick on me. ” 「おまえたち古い手で私を騙したね」

このboysはフィロとガンジの2匹かと思ったんだけど、ウェンブリーも含めた3人なのかな。ゴミーさまは復讐はやめるように言ったのに、ゴミーさま抜きの3人で仕返しの話をしたことを指してるんだと思う。

続きがこれ。

 ゴミーさま “ I’ll tell YOU, I nearly blew up! ”
 ウェンブリー “ You did! ...You did? ”
 ゴミーさま “ Yeah. I nearly blew up, but I wasn’t really, really, really, really scared, so I didn’t. The boys were lucky! This time. ”
  「おまえさんに言わなくちゃならないね。わたしはもう少しでblew upしそうだったんだよ!」
  「そうなの!…そうなの?」
  「そうさ。わたしはもう少しでblew upするところだったんだ。だけどホントのホントのホントのホントには怖がらなかったから、blew upしなかったんだ。この子達はラッキーだったね!今回はね」

これよー! blow up(過去形blew up)
ゴミーさまはもう少しでblew upしそうだったって言っているの。
この blew upはウェンブリーが来る前に2匹に「叱り飛ばすよ」って言っているわけだから、ここも「叱り飛ばすところだった」だよね。ゴミーさまはここで引っ込みます。ウェンブリーは2匹に尋ねるの。

 ウェンブリー “ But, but, but…Wait a second. You mean, if she’d been really scared, she would have… ”
 フィロ&ガンジ “ Blown up. ”
 ウェンブリー “ Oh, no, no, no, no!! ”
 ガンジ “ Yes, yes, yes, yes!! Blown up, as in Kaboom.”
 フィロ “ Not a pretty sight. ”
 「でもでもでも…待って。つまり、ゴミーさまが本当に怖がってたら、つまりその…」
 Blown upだ」
 「ノー、ノー、ノー、ノー!!」
 「イエス、イエス、イエス、イエス!! Blown up だよ。ドッカーン」
 「見られたものじゃないな」

ここでblown upの2つの意味が活きてくるわけ。
2匹はもちろんゴミーさまの言うblown up叱り飛ばすってことを知っているけど、ウェンブリーは爆発するの意味で取っちゃう。
2匹はふざけてKaboom やらNot a pretty sight. やら言っちゃってます。そりゃあ本気で怒るときもドッカーンって感じだし、いい眺めじゃないけどさー(ノ∇≦*)

ウェンブリーは「本当に恐ろしい思いをすると爆発する」って信じちゃったじゃないの!


一方、石鹸洞窟から帰ってきたブーバー
「ウェンブリー、ウェンブリー、ウェンブリー! まずヘビでしょ。それから小石。お次はお面だ。賭けてもいい、ベッドにクモがいるぞ。ほらね」
ぜ~んぶ見抜いていて、全く微塵も驚きません。あははは(ノ≧∀≦)ノ
ブーバーは散らかった部屋ではお昼寝できないとパントリーで寝ることに。

入れ違いでやってきたウェンブリー。
「ブーバーが爆発しちゃった!!!」
だって!(っ*≧▽≦)つ!いや~、おかしいったら!


慌てたウェンブリーはお昼寝中のゴーボーのところへ。大声を出して起こします。

 ゴーボー “ You just scared the radish resin out of me! ”

この scared the radish resin out of me
これイマイチ分からなかったところなんだけど、調べてみたら scare the hell [shit] out of a person というのがあって俗語で「~をひどく怖がらせる 」「 恐怖で縮み上がらせる」って意味なんだって。多分これのもじりだよね。hell あるいはshit の部分を radish resin に置き換えてるんだと思う。
ウェンブリーの大声に飛び起きたゴーボーは「すっごいびっくりしたじゃないか!」って怒ってるの。バルービアスは大丈夫だと言ってまた寝ちゃいました。

ゴーボーに怒られたウェンブリーはモーキーとレッドのところへ行くけど、大声でHelp!と言って二人を驚かせ、これまた怒られちゃう。


パジャマを取りに戻ったブーバー。
 “ It must have taken Wembley forever to set this up. ”
  take forever…とても時間がかかる
  「これ仕掛けるのに時間がかかったろうに」


再び入れ違いでやってきたウェンブリー。
ブーバーを爆発させちゃった仕返しなんてやめとけばよかったんだ、ブーバーはバルービアスのテストをしていただけなのに…えーん、こんな散らかった部屋から旅立つなんていやだよね、掃除しよう、まずはクモから…パジャマがない!パジャマも一緒に爆発したんだー!!

・・・って、おかしすぎる~~~!(ノ≧∀≦)ノ




 ― 今回の使えそうなフレーズ ―

 ベッドのクモを見つけたブーバーが言った台詞
  What did I say? 「言わんこっちゃない」「言った通りだ」


 お昼寝中に脅かされたゴーボーがウェンブリーに言った台詞
  Now, leave me alone! 「ひとりにして!」


  ブーバーを爆発させたと思ったウェンブリーの台詞から
  If only I hadn’t tried to get back at him for scaring me.
   「ぼくを怖がらせた仕返しなんてしなきゃよかった」
  If only I hadn’t tried to~「~しようとしてなかったらなあ」「~しなきゃよかった」って意味



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: