So-net無料ブログ作成

フラグルロック32話『あそぶの大好き(原題 All Work and All Play)』のリスニング その3 [フラグルロックで英語勉強]

フラグルロック32話『All Work and All Play』(コンプリートDVDシーズン2の2枚目)のリスニング

その1、その2はドーザーとフラグルのシーンをやりました。フラグルになりたいコッターピン・ドーザーとレッドのお話。
その3ではやり残していた博士のシーンを。コッターピンはフラグルになりたがったのですが、こちらはスプロケットが馬になりたがっています。

― 博士と犬のシーン ―
冒頭で博士は「ダンカンから手紙が来た」って言っていますが、プロデューサーのDuncan Kenworthy さんのことらしいです。 Muppet Wiki参照

ハガキを取りに来たゴーボーの台詞
 “ That was easy for a change. ”
 for a change で「いつもと違って」「たまには」ってな意味。いつもと違い簡単にハガキが取れたってことね。

ここで博士はエアデール犬が表紙になっている雑誌を指して “ You always liked Airedales.” と言っているんですが、後々博士の家の隣にキャプテンズ・インができてそこの犬がエアデールなんだよねo(*⌒―⌒*)o
ただこの時は人生そのものに退屈してるスプロケット。博士は「そういう時は自分を変えてみろ」「本当は何になりたかったんだ?」と言っています。スプロケットは馬の写真を取出し「これ!」だって(ノ∇≦*)

 博士 “ You want to be a horse? I have a dog who wants to be a horse. Where have I failed? ”
 「馬になりたいのか? 私は馬になりたい犬を飼っているのか。どこで間違えたんだ?」

「お願い、お願い!」ってやってるスプロケット。

 博士 “I said I’d help and I will. But I don’t think I know how to saddle break a mongrel.”
  mongrel…雑種犬
 「手伝うとは言ったが、雑種犬につける鞍をどうすりゃいいんだ?」

スプロケットって雑種犬だったんですね。mongrel なんて単語、調べて初めて知りました。


中間部
博士は一番小さい鞍を見つけてスプロケットに取り付けています。大喜びのスプロケット。
“ Giddy up! ”は馬にかける掛け声。

 博士 “ That cellophane tape holds those horseshoes on just fine. ”
  「セロテープで蹄鉄をうまくくっつけてる」

だって(ノ∇≦*) 


後半部
食事時間。ごはんは干し草(A nice bale of hay) だって馬だもん!
それを見たスプロケットは犬に戻ることになったとさ(っ*≧▽≦)つ

んで最後に言う博士の台詞がこれ↓

 博士 “ I’ve always thought you made an excellent dog. Besides I’ve been worrying all day that the health inspector would show up. It’s illegal to keep horses in the house. ”
  the health inspector…検疫審査官  
 「わたしはいつも君は素晴らしい犬になれると思ってきた。加えて今日はずっと検疫審査官が現れないかと心配してたよ。家の中で馬を飼うのは違法だからね」

あははは(ノ∇≦*)



 ― 今回の使えそうなフレーズ ―

 退屈しているスプロケットに言った博士の台詞
 If you’re not happy with your life, you should try and change it.
  「人生がハッピーじゃないのなら変えてみろ」






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0