So-net無料ブログ作成
検索選択

フラグルロック39話『Manny's Land of Carpets/まほうの箱』のリスニング その4 [フラグルロックで英語勉強]

今週のリスニングは フラグルロック39話『まほうの箱(原題 Manny's Land of Carpets)』

その4の今回が最後です。

ラジオのコマーシャルを「願いを叶える生き物」が喋っていると思っているフラグルたち。
みんなで「マニーズランドへ行こう!」と盛り上がっています。

くどいようだけど、この回のキーワードをば。

 the wish granting creature…願いを叶える生き物

 Manny’s Land of Carpets… マニーズカーペットランド(カーペット店の名前)
  happiness is guaranteed...幸せが保証されている

 Bubba’s Burger Barn…ババのバーガー舎(ハンバーガー店の名前)
  All you can eat!…食べ放題

 Sally Sporless Cleaners…サリー・スポットレスのクリーニング
  laundry fit a king…上質の洗濯、極上の洗濯



~ 2つめのコマーシャルシーン ~
みんなで “ Manny’s Land of Carpets! ” と盛り上がっていると、デブのマービンの前でコマーシャルが流れます。
2012y09m28d_115639337.jpg
ハンバーガーのコマーシャルだよ!
 ラジオ “ It’s all you can eat day at Bubba’s Bugger Barn! ” 「ババのバーガーでは食べ放題の日だよ!」
 マービン “ All you can eat? ” 「食べ放題?」
 ラジオ “ So, get on down! Hamburgers,cheeseburgers,bacon burgers,king,queen burgers!! ”
  「そうだ。来いよ! ハンバーガー、チーズバーガー、ベーコンバーガー、キング、クイーンバーガー!!」
 マービン “ The wish granting creature invited me to Bubba’s Burger Barn! ”
  「願いを叶える生き物がババのバーガーに招待してくれた!」

あははは(っ*≧▽≦)つ


「Burger Barn ってなに?」というゴーボーに「知るかよ。分かるのは食べ放題ってことだけだ。さあ行こう!」というマービン。周りも “All you can eat! All you can eat! ”と声を合わせています。

ゴーボーは「マニーズランドは幸せになれるんだよ。つまり食べ放題プラスその他もろもろだ!誰ひとり欠けちゃだめだ!」って言うんだけど、レッドは「ゴーボーの言うことなんか気にしちゃだめ。ババのバーガーのほうへ行くべきよ!」って。こりゃ完全にゴーボーへの対抗心だな(ノ∇≦*)

 レッド組 “Bubba’s Burger Barn! Bubba’s Burger Barn! Bubba’s Burger Barn! ”
            VS
 ゴーボー組 “ Manny’s Land of Carpets! Manny’s Land of Carpets! Manny’s Land of Carpets! ”

このシーン、よく見てるとウェンブリーの動きが面白いの。レッド側で“All you can eat!” って言ってたのに、途中で中間に立ってて(どっちつかずになって)、ゴーボー側に寄ってって “Manny’s Land of Carpets! ”ってやってるんだよ(っ*≧▽≦)つ



~ 3つめのコマーシャルシーン ~
あまりの騒々しさに、「そんな箱に踊らされるな。早口で喋るおかしな生き物の箱に群がるなんて」とブーバーがみんなをたしなめに来ました。ゴーボーは「早く話すのは信じられないくらい賢いから」だって(ノ≧∀≦)ノチガウチガウ

だけどここでクリーニングのコマーシャルだよっ!

 ラジオ “ Tired of whites that aren’t white enough? Collars that aren’t bright enough? ”
 ブーバー “Come again? ”
 ラジオ “ I’m Sally Spotless, and I know how to get your clothes perfectly clean. ”
 ブーバー “You do? ”
 ラジオ “ At Sally Spotless Cleaners, we care about clean laundry as much as you do. ”
 ブーバー “She was talking about laundry! ”
 ラジオ “ Sally Spotless, laundry fit for a king. ”
2012y09m28d_115925706.jpg
  「これ以上白くならないとお悩みですか? 色物が鮮やかにならないって?」
  「なんだって?」
  「私はサリー・スポットレス。あなたの洋服を完璧にきれいにします」
  「きみ、できるの?」
  「サリー・スポットレスのクリーニングでは洗濯物を大事に扱います」
  「彼女、洗濯物のことを話してた!」
  「極上の洗濯ならサリー・スポットレスにお任せください」

 ブーバー “A kindred spirit! She appreciates clean laundry as much as I do! ”
 ゴーボー “Now,wait a minute.I thought you said Outer Space was full of germ laden silly creatures. ”
   kindred spirit…「同好の士」「意気投合」「気の合う人」ってな意味
  「同志だ!ぼくと同じできれいな洗濯物の真価が分かるんだ」
  「ちょっと待ってよ。確か、きみ、外の世界はおかしな生き物のバイキンでいっぱいだって言ってなかった?」
ゴーボーのツッコミがおかしい~(ノ≧∀≦)ノ



~ 3組対抗シーン ~
Manny’s Land of Carpets! VS Bubba’s Burder Barn! VS Sally Sporless Cleaners! の戦いに。

 モーキー “Public debate! I love it! ” 「大衆討論ね! ステキ!」
  public debate …一般的には「公開討論」「立会い演説」

広間は今や絶好調!フラグル全員がテンションマックス。ものすごい騒ぎになってます(っ*≧▽≦)つ


3つに分かれたのをひとつに決めるのはゴーボーのリーダーとしての役目。
ゴーボーはその場を離れて思案中。3つのバラバラの声がそれぞれ違うことを言うから、すっかり混乱しちゃった。で、周りを見て気づくの。ここはとっても美しい場所だって。みんながここを離れるなんてイメージできない、ここに残るべきだって。

 ゴーボー “ All of a sudden, I know which voice to listen to. ”
  all of a sudden…急に、不意に


みんなのところに戻ったゴーボー
 “ Fraggle Rock has everything that those places have. And it’s got more! It’s got us living together in a place we love. And never mind the voices in the box! Listen to the little voice inside yourself. ”
  「フラグルロックにはそこにあるものは何でもあるよ。いやそれ以上だよ!愛せる場所でみんな一緒に生活していてる。だから箱の中の声は気にすることないんだ!自分の心の中の小さな声を聴いてごらんよ」

ゴーボーはそう言ったんだけど、みんなはババのバーガーやサリーやマニーズのことしか頭にないの。

 ゴーボー “ All right! All right! Have it your way! We’ll all leave Fraggle Rock and you can go anyplace you want. ”
  「分かった!分かった!やりたいようにやってくれ!みんなフラグルロックを出て自分の行きたいところに行けばいい」
  Have it your way.… 「自分の好きなようにやれ」「勝手にしろ」「どうぞお好きなように」

みんな大喜びで荷物をまとめに戻っちゃった。「でも行く前にせめてサヨナラしなきゃ、愛しいものに…」というゴーボーの声はみんなに届きません。


~ ラストシーン ~
ゴーボーは “ Time to say good-bye to your home ”って歌い出して、みんな戻ってきたよ。
みんなで箱を元あった場所に戻しに行こう~!

 ゴーボー “ We got to be real quiet here.You guys stay back. Boober and I’ll do the rest. ”
   I’ll do the rest…「あとは私に任せて」「残りは私がやります」という意味
  「ここからは静かにしなきゃ。きみらはここにいて。あとはブーバーとぼくに任せて」

ってことでラジオを外の入り口まで持ってって、スプロケットがゴーボーの顔を掴んじゃうのね(ノ∇≦*)
ラジオは無事博士が取り出しました。

2012y09m28d_125210940.jpg
ふにゃ~ん(っ*≧▽≦)つ



最後に今回のリスニングの感想だけど、後半部の広間のシーンからはほぼずっとマニーズやバーガーやサリー関連しか言っていないので、それが分からないと後半全滅。キーワードが分かれば一気に掴めちゃう感じです。

で、忘れていたけど、これってクリスマス関連話なんだっけ(笑
もしかして「コマーシャルに踊らされるな。愛する人と自分の場所で過ごすのが一番」っていうクリスマス精神を描いてる・・・んだとしたら深いなあ(ノ∇≦*)




 ― 今回の使えそうなフレーズ ―
 
 みんなの主張を聞いたゴーボーの台詞
 Have it your way. 「自分の好きなようにやれ」「勝手にしろ」「どうぞお好きなように」


 ラジオを戻しに行く時のゴーボーの台詞
 I’ll do the rest. 「あとは私に任せて」「残りは私がやります」


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: