So-net無料ブログ作成
検索選択

4話『You Can't Do That Without a Hat/帽子がなけりゃ』のリスニング その3 [フラグルロックで英語勉強]

フラグルロック4話『You Can't Do That Without a Hat/帽子がなけりゃ』のリスニング3回目。最後です。

帽子を被っていれば勇敢になれるとゴミーさまに言われたのに、帽子がなくなって洞穴にこもっちゃったブーバー。

公式動画はゴーボーがブーバーを元気づけようとハガキを読むシーン。


こりゃ英語が分からなくても状況は一目瞭然なんですが、この状況をマットがどう説明してるかっていうと・・・。

探検に疲れて休んでいたら、おかしな生き物が近づいてきて「かわいそうに。これを使いなさい」と言ってプレゼントをくれたと言っています。
でもマットにはそれ(お金)がなんなのか分からないからねぇ(ノ∇≦*)

 マット “It was a beautiful, flat, shiny object. A real treasure. I was so overcome with this magnificent gift that I ran to show it to someone.Unfortunately, he liked it so much that he took it. I’d given up my treasure. ”
  「それは綺麗で平らで光ったものだった。これぞ宝だ。このすてきなプレゼントがとても気に入ったので、誰かに見せに行くことにした。だが残念なことに、やつはそれをとても気に入って持っていってしまった。わしは宝を諦めた」

マットがレジの男性にお金を出したのは、誰かにこの素晴らしいギフトを見せるためってことね(ノ∇≦*)
レジ係りはお金を受け取りドーナツを渡すけれど、当然マットはドーナツのことも知らず食べ物だとは認識していない様子(ノ∇≦*)

 マット “This generous creature gave me yet another and even more interesting treasure. It was soft to the touch and smelled utterly fantastic. ”
  「この気前のいい生き物は別のもっと面白いものをくれた。やわらかくてすっごくファンタスティックな匂いがした」

そしてこの世界にいるちっちゃな毛むくじゃら(one of the small, furry beasts that inhabit this world)が来たので、その宝を見せてやったわけです。

 マット “ It there’s one thing I’ve learned in this bizarre world, it’s that treasures come, and treasures go.Of course, this time I ended up with nothing less than I started with. ”
  「わしがこの奇妙な世界で学んだことは、『宝は来て、宝は去る』ということだ。勿論今回は結局のところ何もなくしちゃいないわけだが」


「すごいだろ、ブーバー? おじさんのハガキは素晴らしいや」だって(っ*≧▽≦)つ 

その後ちょうどドーザーが帽子を運んでいったのを見たゴーボーはあれは何だと追いかけます。


~ 帽子を渡しに来たモーキー ~

 モーキー “ Oh, good, Boober, you’re still here. ” 「よかった、ブーバー、まだここにいたのね」
 ブーバー “ I’ll be here until I die. Give me 10 minutes, tops. ” 「死ぬまでいるよ。せいぜい10分ってとこ」
 
この tops も知らなかった使い方です。 ○○ minutes tops みたいにminutes と合わせて「せいぜい○○分」覚えておくとよさそう。


~ 博士の部屋付近のレッドとウェンブリー ~
ブーバーの帽子を探していますが、穴を前にするとレッドはすかさずウェンブリーを前に押し出します。
2013y11m11d_153253342.jpg
  レッド「帽子がないか見て」
  ウェンブリー「なんでぼくが?」
  レッド「あんたのほうが近いから」


~ ゴーグの庭 ~
ゴミーさまのところへ向かうブーバー。ゴーグの姿を見て慌てて隠れます。
そこにドーザーのフレックスが「ここはどこだ、誰か~目印は~」と歩いてきます。

 フレックス “ Wait. I see writhing. Yes, It’s faint, but it says…6 and 3/8? 6 and 3/8? That’s a sign?! ”
  「待て。何か書いてある。微かだが、なにか・・・6 と 3/8? 6 と 3/8って?これが目印?!」

帽子のサイズかいな?(ノ≧∀≦)ノあはは!

 ゴーボー “ Hey! I’ve found Boober’s hat! Huh! Well, what are you know? ”
  「見つけた!ブーバーの帽子だ!(帽子の下のドーザーを見る)うわびっくり」
  ■ What are you know? 「こいつは知らなかった」「驚いた!」「まさか!」ってな意味

「ブーバー帽子見つけたよ」「ゴーボー、ゴーグだっ!」
ブーバーはゴーグ王子をからかいながらゴーボーと穴まで走っていきます。


~ 最後のシーン ~

 ゴーボー “ You saved my life.If it hadn’t been for you, why, that Gorg would’ve thumped me. ”
  ■ thump げんこつや棒などでゴツンと打つ、殴る
  「きみがぼくの命を救ってくれたんだ。きみがいなかったらゴーグに殴られてたよ」

きみはbrave だった、 daring だった。そしてそれを帽子なしでやったんだよ。

 ブーバー“ Well, gash. I’m free!! ”

このシーン、日本版だと確か「帽子なんていらな~い!」って言っていて「帽子いらないって言ってたのに次からも帽子被ってるじゃないかぁ~」って思った記憶があるのですが、実際はI’m free! 「ぼくは自由だ!」って言っていることが分かってやっと納得しました。帽子に縛られないってことなのね(ノ∇≦*)



― 今回の使えそうなフレーズ ―

 帽子の下にドーザーがいるのを見て言ったゴーボーの台詞
  What are you know? 「驚いた!」「まさか!」




この回のリスニングの感想
この回は歌が多くて分かりやすいです。ブーバーの帽子の行方も見ているだけで分かるし、ストーリー的には大したことありません(失礼)
ホントを言うとこの回は公式動画がなければリスニングで取り上げるつもりがありませんでした。聞き流した際にはリスニング的にもさほど面白くなさそうだったし、なによりブーバー主役の話なら他にいいのがたくさんあるんだもん!(ブーバーの話で一番好きなのは『The River of Life/川を大切に』なんだけど、『Boober Gorg/ゴーグになったブーバー』『Boober Rock/ひとりぼっちになりたい』あたりもとっても好きだし、サイドボトムが出てくる話も面白いです。)
でも、今回リスニングしてみて分かったのですが、この回短くて面白いフレーズが多かった!やってよかった!


あ、忘れてた。
最後にみんなでヨーデルを歌う Lost and Found の日本吹き替え歌詞 ♪ です。

 ♪♪さびしさは分からない ひとりになるまでは♪♪
 ♪♪大切なものはなくして 初めてわかるものだよ♪♪
  (ヨーデル)
 ♪わがままばかりしてた
 ♪何にも知らないで 「歌えよモーキー」
 ♪努力もしないで 「そうそう」
 ♪いつかは困るのに 「そう!」
  ♪♪繰り返し (ヨーデル)
 ♪はじめて分かったよ 「どんなこと?」
 ♪物はなくなること 「その通りよ」
 ♪だけど努力すれば 「そうよ」
 ♪幸せになれるよ 「おー!」
  ♪♪繰り返し (ヨーデル)


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: