So-net無料ブログ作成
検索選択

フラグルロック60話『Gobo's School for Explorers/規則をまもれば』 その3 [フラグルロックで英語勉強]

60話『 Gobo's School for Explorers/規則をまもれば』(コンプリートDVDシーズン3の2枚目)のリスニングの続き。その3の今回が最後です。


マットおじさんのルールに従って誰も知らない「どっか」(Who-Knows-Where)に探検に出かけ、ゴーボーとレッドは深い穴の狭い足場に落ちてしまいました!


― フラグルの広場 ―
前半部でゴーボーの探検スクールは初心者にはリスキーだと知り、ブーバーが洗濯スクールを開くと言ってましたが、そのシーンと合わせて公式にあがっています。
今回はブーバーの洗濯スクールのシーンから。

ブーバーの洗濯スクール開催中

動画をどぞ~♪


 ブーバー “I want you to pay particular attention to the high elbow action as demonstrated by Tosh here. You see, it’s the high elbow action that gives you that scrubbing power. ”
 「はいみんな注意して、肘を高く。ここでトシュがデモンストレーションしてるように。ね、肘を高くすることで洗う力が強くなるんだ」

ヾ(✿≧◡╹)ノ゙【トリビア】女の子の名前はToshトシュ。ブーバーと仲良しで、時々出てきます。怪物のようなペットを飼っています。デュエット大会でブーバーと組んだのも彼女です。

慌ててやってきたウェンブリーとモーキー。慌てすぎて意味不明。
ゴーボーとレッドが「Who-Knows-Whereの穴」に落ちたってことを伝えに来たのね。
慌てている人を落ち着かせるために逆さまにするのはフラグルの習慣のひとつ。他の回でもやってます(ノ≧∀≦)ノ

大変だ!洗濯スクールは解散!慌てるフラグルたち。



― ゴーボー&レッド ―
ここからがふたりの最大かつ最愛のシーンです!

ふたりはリュックをパラシュート代わりにして一か八か飛び降りる気です!

 レッド “This is the weirdest looking thing I’ve ever seen. It’ll never work. ”
 ゴーボー “It should work, Red. I’ve thought it out. It’ll work!…uh, maybe. ”
 レッド “But what if it doesn't? ”
 ゴーボー “…We’ll drop like a stone. ”
 レッド “But even if it does work, we’ll end up… ”
 ゴーボー&レッド “Who knows where? ”
  「こんな変なこと見たことない。うまくいきっこないわよ」
  「うまくいくはずさ、レッド。よく考えたんだから。うまくいくさ!…多分ね」
  「でもうまくいかなかったら?」
  「…ぼくたちは石みたいに落っこちるんだ…」
  「うまくいっても、辿り着く先は…」
  Who knows where

うわあ! もう言い合いとかからかいあいとかしてる場合じゃなくて、生存率を考えなきゃならない状況でね、仲間の助けも期待できなくて、深刻な状況なわけ。

ず~っとレッドのことをあれこれ言ってたゴーボーが、間をおいて静かにこう言うの。

 ゴーボー “…It's been good knowing you, Red. ”
  「君と知り合えてよかったよ、レッド」

ゴーボーの頭に自分の頭をくっつけるレッド。
言葉なんかいらない。
ふたりの友情は本物だから。

2016y07m18d_150420465.jpg

・・・たまらーーーんっ!!!!
言いたいこと言ってケンカすることもあるけれど、やっぱり仲良しのふたり。お互いちゃんと分かってるし、信頼しあってる。
だからこんな生きるか死ぬかの深刻な状況でレッドはゴーボーを信用して一緒に飛び降りるんだよ。
たまらんっ!

ゴーボーとレッドはきつく抱き合って飛び降ります。


― フラグルの広場 ―
マットのルール本になにか書いてないか探すフラグルたち

 ウェンブリー “Turn the page! It could be on the next page! ”
  「ページめくって!次のページにいって」
 これも表現が違うけど同じことを言ってるだけ(ノ≧∀≦)ノあはは!

マットの本の「穴」の目次には「靴下穴(“Holes in socks ”)」「ラディッシュ穴(“Holes in radishes ”) 、「チーズ穴(“Holes in cheese ”)」と続いているそうで(ノ≧∀≦)ノあはは!

ルール通りに行動することを要求されてきたから、どうするかもルールを探さなきゃってことになるんだよね。


ゴーボーとレッドは下から吹く風に乗ってふわふわと降りてゆきます。よかった~!

しかも降りて行く先は・・・
なんと、みんながいるフラグルの広場じゃないかー!

Who-Knows-Where「どっか」 とはフラグルの広場だったわけね。これにはゴーボーもレッドもみんなもびっくり!

「これはマットおじさんのジョークだったんじゃないか」とレッド。
ウェンブリーに「ゴーボーはすごい探検家だ」と言われて「いつかね。でもぼく今は色々学ばなきゃいけない。そうだろ、レッド?」と言い、レッドは「口笛の吹き方は少なくとも学んだわね」と返します。
フラグルロックのテーマを吹いてみせるゴーボー。
レッドがゴーボーに抱き着いてるのが最高にかわいいです!(っ*≧▽≦)つ




― 博士のシーン ―
結局のところ博士は取扱説明書に頼らず自力で犬用ドアを取り付けたみたい。
誰かのルールに従い始めると自分自身で考えることを止めてしまうと言ってます。(天井に穴を開けると書いてある説明書もヘンだと思うけど)
ドアがうまくついてスプロケットは自分で出入りできるようになりました。

ルール任せにせず自分の頭で考えることも必要ってことですね。




 ~ 今回の使えそうなフレーズ ~

 workを使ったフレーズを3つ

 It’ll never work.  「うまくいかないって」

 It should work.  「うまくいくはず」「大丈夫」

 It’ll work!  「うまくいくさ!」


 そしてやっぱりこれ。
 崖から飛び降りる前にゴーボーがレッドに言ったセリフ
 It's been good knowing you.  「きみと知り合えてよかった」





この回のリスニングの感想

リスニング的には「Who knows where」が場所の名前だと分からないと混乱すると思う。
マットおじさんのノートを見つけて探検に出かけ危険な目に合ってるのは英語が分からずとも見てるだけで分かるよね。

それよりなにより

はにゃーん!ゴーボーとレッドがかわいすぎてかわいすぎて死ぬかと思うエピソード。

とにかくこの回、最初から最後まで、ゴーボーの口笛といい、ゴーボーとレッドの動きがとっても細かくて(喋ってない時も)、もーすんごいかわいくて愛しくて、とにかくもう大好きなエピソードのひとつです!

なにがいいって、飛び降りる前のゴーボーとレッドのシーン、一歩間違えると男女のラブと思わせちゃいそうなところを、本当の友達だと思わせるよう感傷的になり過ぎずにきちっと押さえている点。男女の真の友情を短い言葉と短い動きで表しててすごいと思うの。マペッティアさんの絶妙な演技あってのものだよね!

このエピソード、レッド役のカレンさんがインタビューで何度か話していて、30周年記念のコミコンイベントでもレッドが「Who knows where」の冒険話を口にしてました。
飛び降りるシーンの撮影が終わった後、ゴーボー役のジェリーさんと黙って微笑みあったんだそうですヨ!





コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

コメント 2

ぴぃたろ

初めまして!
フラグルロックで検索していたらたどり着きました。
最近まで更新されていてビックリです!

放映当時はまだ産まれてすらいなかったのですがたまたまうちにビデオ1巻があり、
幼い自分にはゴーグやマットがとても恐かったにもかかわらず
大好きで何度も見ていました。

他のお話も見たくて動画を探すも日本語版はほぼ無く
ただただ想いを馳せるばかりですね…
幸い英語版はアップされているので、
こちらの記事の解説と合わせて楽しみたいと思います^^

どうか、このブログをずっと残してくださると嬉しいです。
by ぴぃたろ (2016-09-18 00:46) 

笙野みかげ

♪ ぴぃたろ さま
ご訪問&コメントありがとうございます。

1巻のビデオを持っていらっしゃるのですね!

フラグルロックが大好きで、好きが高じてオリジナルの英語版を分からないなりにリスニングを始め、数年経ちました(笑)
自分の勉強を兼ねていますが、参考になれば嬉しいです。

当ブログは連日更新することもあれば2.3か月あくこともあります。気ままに続けていますので、いつでもお好きな時に遊びに来てくださいね。

by 笙野みかげ (2016-09-18 23:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0