So-net無料ブログ作成
検索選択

コミコンでのドラマ『ザ・マペッツ』パネルの紹介 [マペッツ]

AXNで『ザ・マペッツ』の放送が8月19日からいよいよ始まります!

ってわけで今回のマペッツ日本普及活動のコーナーは昨年2015年7月に行われたサンディエゴコミコン(SDCC)での『ザ・マペッツ』パネルの紹介です。

米ABC局で放送が始まる前のイベントで、ここでプレゼン時の動画が初めて公開されました。カーミットとミスピギーの破局報道があったのがこのちょっと前です。

カーミットやピギーたちが出てきます。動かしているマペッティアさんと一緒に。

ジム・ヘンソン時代からマペットは「中の人がいる」ことを隠していません。動かしている人がいるのを知っても夢が壊れることはないというスタンスだからです。
実際見てもらえばわかりますが、横にマペッティアさんがいてもマペットたちは生き生きと本当に動いているようにしか見えません。夢が壊れるどころかむしろハマってしまうかもしれません(←私がそうでした)

人形遣いと声が別なのではなく、マペットを動かしながら喋っているのが一目瞭然です。

同じマペッティアさんが様々なキャラをやっていることに驚くかもしれません。
「この人がこのキャラやってるんだ」「え、同じ人がこのキャラも?!」なんて知ったら益々好きになっちゃいますヨ!

出てくるマペッツメンバーはカーミット、ミス・ピギー、ペペ、リゾ、ゴンゾ、フォジー、ロルフ。

マペッツたちが即興でなんでも笑いに変えちゃうのでとっても面白いです。

日本でドラマが始まる前にこちらの動画を見るとより楽しめると思います。

今回はこれを意訳しちゃいますよん。動画は50分近くあり長いので、所々かいつまみつつ時に詳しく書きます。
(ただし、毎度のことですが、私の今の力では全部を聞き取れるわけじゃなく、聞き違いや誤訳等は予めご了承くださいませ)




続きを読む


タグ:マペッツ
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

フラグルロック60話『Gobo's School for Explorers/規則をまもれば』 その3 [フラグルロックで英語勉強]

60話『 Gobo's School for Explorers/規則をまもれば』(コンプリートDVDシーズン3の2枚目)のリスニングの続き。その3の今回が最後です。


マットおじさんのルールに従って誰も知らない「どっか」(Who-Knows-Where)に探検に出かけ、ゴーボーとレッドは深い穴の狭い足場に落ちてしまいました!


― フラグルの広場 ―
前半部でゴーボーの探検スクールは初心者にはリスキーだと知り、ブーバーが洗濯スクールを開くと言ってましたが、そのシーンと合わせて公式にあがっています。
今回はブーバーの洗濯スクールのシーンから。

ブーバーの洗濯スクール開催中

動画をどぞ~♪


 ブーバー “I want you to pay particular attention to the high elbow action as demonstrated by Tosh here. You see, it’s the high elbow action that gives you that scrubbing power. ”
 「はいみんな注意して、肘を高く。ここでトシュがデモンストレーションしてるように。ね、肘を高くすることで洗う力が強くなるんだ」

ヾ(✿≧◡╹)ノ゙【トリビア】女の子の名前はToshトシュ。ブーバーと仲良しで、時々出てきます。怪物のようなペットを飼っています。デュエット大会でブーバーと組んだのも彼女です。

慌ててやってきたウェンブリーとモーキー。慌てすぎて意味不明。
ゴーボーとレッドが「Who-Knows-Whereの穴」に落ちたってことを伝えに来たのね。
慌てている人を落ち着かせるために逆さまにするのはフラグルの習慣のひとつ。他の回でもやってます(ノ≧∀≦)ノ

大変だ!洗濯スクールは解散!慌てるフラグルたち。



― ゴーボー&レッド ―
ここからがふたりの最大かつ最愛のシーンです!

続きを読む


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

フラグルロック60話『 Gobo's School for Explorers規則をまもれば』 その2 [フラグルロックで英語勉強]

今回のフラグルロックのリスニングは60話『 Gobo's School for Explorers/規則をまもれば』(コンプリートDVDシーズン3の2枚目)の続きです。

マットおじさんが書いた「探検の秘密ルール」の本を見つけ、ゴーボー、ウェンブリー、モーキー、レッドは「どっか」という場所の "Who-Knows-Where" へ出かけることになりました。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

フラグルロック60話『Gobo's School for Explorers/規則をまもれば』 その1 [フラグルロックで英語勉強]

前回ゴーボーとレッドのやりとりが見どころのエピソードの 14話『The Challenge/リーダーはどっち?』を取り上げました。
今回はこの二人の関係をもう少し掘り下げたいと思います。


モーキーもブーバーもウェンブリーもゴーボーをからかうことは殆どないけれど、レッドは違います。ゴーボーもレッドだけには遠慮なくからかっておちょくったりします。ふたりとも我が強くて負けず嫌いです。何か言われたら言い返さないと気が済まず、ヒートアップしてケンカになることもあります。
でもなんだかんだいってふたりは仲良しです。
レッドは基本的にゴーボーがリーダーなのを認めてるし、ゴーボーのことを内心では凄いなあと思ってます。もしゴーボーが間違いを犯したら、それを指摘できるのはレッドなんじゃないかなあ。


そんなふたりの関係を堪能できるのが今回のエピソードです。

60話『 Gobo's School for Explorers/規則をまもれば』(コンプリートDVDシーズン3の2枚目に入っています)


ゴーボーとレッドのエピソードの中で個人的に一番おススメしたい、とってもお気に入りのエピソードです!


オリジナルタイトルは『Gobo's School for Explorers
ゴーボーの探検教室。マットおじさんの探検ノートに書かれたルールに従い、まだ見ぬ地へみんなで出かけます。

テーマは (どんな時も)ルールに従うことについて

邦題の『規則をまもれば』がテーマですね。
ルールがあるとその通りやれば安全だと思っちゃう。でも、ルールに従えば、規則を守れば、それでいいのか。状況を鑑みず何も考えずにただ規則やルールを守ろうとしてないか、という結構深いテーマです。




続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

マペッツ日本普及活動 Sam's Songとsome songs [マペッツ]

AXNで8月からドラマ『ザ・マペッツ』の放送が始まります!
やったね!



マペッツ日本普及活動のコーナー
気ままにお気に入りの動画を紹介しちゃおうというものです。


マペッツは楽しくて奇妙な連中が多いですが、青いワシのサム・ザ・イーグルは真面目で堅物キャラ。マペット・ショーの中からサムのシーンをひとつ。



マペット・ショーの舞台裏でサムがこのショーがいかに胸が悪くなるかという手紙を書こうとすると、後ろでフロイドがギターを弾きながらビング・クロスビーの「サムの歌」を歌い始めるというものです。


Dear Sir
This show is sick and weird.
このショーは病んでいてヘンです。

 ♪ Sam's Song ♪
 …They call it Sam's song
 It's catchy as can be, the melody
 They call it Sam's song

サム「私の歌ではない。私の歌はない」

(ねずみを追い払うサム)

There're rats here.
ここにはねずみが出ます。

(口笛を吹くナイジェル)
(ハーモニカを吹くボーレガード )

歌、口笛
マヌケなハーモニカ

(ねずみを追い払いながら)害獣もいます。


 ♪ So forget your troubles and wear a smile
  You'll find you never go wrong
  If you learn to croon this happy tune
  They call it Sam's song

歌詞がサムのために作られたかのようだ(笑)
しまいにはサムが乗せられてしまうのがおかしいです(っ*≧▽≦)つあはは!





もういっちょ紹介♪
ゲストのダドリー・ムーアが ♪ Mama Don't Allow ♪ を演奏



ダドリー・ムーア " Okay, guys! Take Five! " (take five 「5分休憩」の意味)
スタンダードジャスの名曲 Take Five を演奏し始めるエレクトリック・メイヘム

というべタなネタやってます(笑)

 ♪ Mama don't allow no guitar playin' round here.

ここで楽器弾くのはママが許さないという歌なんだけど、「ママ」という音楽ロボットがバンドの代わりに全てやってくれるからお前たちは用済みだというワケ

ドラマーもいらないと歌うダドリー
ロボットからドラムが鳴り、アニマルがかみついてます(ノ≧∀≦)ノあはは!



ダドリー・ムーアはコメディアン兼ミュージシャンでジャズピアニストとしても有名。


崩壊する舞台でスタンダードジャスの名曲♪ How High the Moon ♪ を演奏するダドリー・ムーアとエレクトリック・メイヘムのシーンも愉快です。
こんなのマペット・ショーじゃなきゃ見られないヨ!



この頃のマペット・ショーはジャズのカバーも多いですね~。


余談。
♪How High the Moon♪ で思い出したけど、今度のドラマ『ザ・マペッツ』の劇中で ピギーとジョセフ・ゴードン=レヴィットが ♪Fly Me to the Moon♪ 歌ってます。
それとね、ジャック・ホワイトとエレクトリック・メイヘム +マペッツ が ♪You Are the Sunshine of My Life♪ のカバーやってるの。見どころのひとつだヨ☆ (๑• ω •๑)..☆






タグ:マペッツ
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター