So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

― フラグルロックの再放送に関して ―

NHKから「映像が残っていませんでした」との返答がありました
とても残念です

NHKにはフラグルロックの映像が保存されていない件について

― メッセージ ―

・『ロードランナーvsワイリーコヨーテ』ゲーム攻略は別ブログに独立移転させました
 移転先 「砂漠で追いかけっこ」


・「英語初級者によるフラグルロックで英語勉強」始めました
フラグルロックを英語で見て理解したいという思いからリスニングしています
正直全く自信がありません
聞き違い、誤訳、スペルミス、「丸っきり違うじゃないか」等あると思いますが、暖かい目で見守って下さいませ

― これまでに取り上げた回はこちら ―

(コンプリートDVDに準ず)

ファーストシーズン
1話『Beginnings(そとの国ってどんなとこ?)』 その2 その3
4話『You Can't Do That Without a Hat(帽子がなけりゃ)』 その2 その3
5話『The Thirty-Minute Work Week(仕事さがしが大仕事)』 その2 その3
6話『The Preachification of Convincing John(ビルディング食べちゃダメ)』  ドーザービルの作り方
8話『The Terrible Tunnel(おそろし穴見つけた)』 その2 その3
9話『The Lost Treasure of the Fraggle(まぼろしの宝物)』
12話『The finger of Light(3つの命令)』 その2 その3 その4
13話『We love you,Wembley(恋しちゃったウェンブリー)』  その2
14話『The Challenge(リーダーはどっち?)』 その2 その3
17話『Marooned(友だちっていいな)』  その2 その3 その4
18話『The Minstrels(歌をさがそう)』  その2
19話『The Great Radish Famine(ゴミー様のねがいごと)』  その2
20話『The Garden Plot(敵がくる せめてくる)』  その2
22話『Mokey's Funeral(モーキーは帰ってこない)』  UKバージョン

セカンドシーズン
25話『Wembley’s Egg (ママになったウェンブリー)』 その2 その3
29話『Uncle Matt Comes Home(おかえりなさい、ぼうけんマット)』 その2 その3 その4
30話『Boober's Dream(夢で出会ったぼく) 』 その2 その3
32話『All Work and All Play(あそぶの大好き)』 その2 その3
34話『A Friend in Need(こまったときの友達)』 その2
39話 『Manny's Land of Carpets(まほうの箱)』 その2 その3 その4
41話 『Fraggle Wars(戦争なんかやめて)』
44話 『A Cave of One's Own(あんたなんか大きらい)』 その2 その3 その4 その5
45話 『Wembley and the Great Race(勝っても負けても)』 その2 その3

サードシーズン
49話『The Bells of Fraggle Rock(きみのベルを鳴らせ)』
53話『Blanket of Snow, Blanket of Woe(こおってしまったゴミー様)』  その2
54話『Pebble Pox Blues(病気がなんだ)』  その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8
55話『Home Is Where the Trash Is(クズーとボロロの家さがし)』 その2 その3
60話『Gobo's School for Explorers(規則をまもれば)』  その2 その3
61話『Scared Silly(イタズラはやめよう)』  その2 その3 その4 その5
63話『Born to Wander(ぼうけんマット誕生)』 その2 その3
64話『The Battle of Leaking Roof(屋根のあなをふさげ)』  その2
65話『Playing Till It Hurts(ケガにまけるな)』
68話『he Incredible Shrinking Mokey(ほんとの友だち)』  その2
69話 『A Dark and Stormy Night(出て来い!ゆうれい)』
71話『『Sprocket's Big Adventure』  その2 その3

ファイナルシーズン
76話『The Perfect Blue Rollie(しあわせの青い石)』  その2
77話 『Tune for Two(ふたりで歌おう)』 その2
80話『Wonder Mountain(ふしぎ山へいこう)』  その2 その3 その4 その5
82話『Space Frog Follies(カエルくんしあわせに)  その2
83話『Boober Gorg(ゴーグになったブーバー)』  その2 その3 その4
84話『Mirror, Mirror(かがみよかがみ)  その2
85話『The Riddle of Rhyming Rock(なぞなぞ岩のなぞ)』
87話『The Trial of Cotterpin Doozer(コッターピン大ピンチ)』  その2 その3
88話『The River of Life(川を大切に)』  その2 その3 その4
90話『Gone But Not Forgotten(思い出は心の中に)』
91話『Mokey, Then And Now(むかしへきちゃった)』  その2


サンクスギフト
『幻の97話』  『What Will the Fraggles Do ? 』&『What Will the Fraggles Do Now? 』


番外編
『Muppet Family Christmas(マペット ファミリー クリスマス)』  その2  その3

前の5件 | -

フラグルロックのベル祭りに関するSYFYインタビュー記事の紹介 [フラグルロック]

DuU97BtXQAA94wL.jpg

前のブログでも紹介しましたが、現在本国ではフラグルロック49話『The Bells of Fraggle Rock/きみのベルを鳴らせ』と『Emmet Otter’s Jug-Band Christmas/かわうそエメットのがらくたバンド』の上映が(16日まで)行われています。
SYFY WIRE によるインタビュー記事を紹介します。ブーバー役のデイブ(Dave Goelz)さんとレッド役のカレン(Karen Prell)さん、ジム・ヘンソン氏の娘のシェリル・ヘンソン(Cheryl Henson)さんへのインタビューです。

 SYFYのページ → Fraggle Rock celebrates its 35th anniversary with a rememblance of he Bells of Fraggle Rock



一部紹介します。

デイブさんは、(マペットの)クリスマススペシャルや映画『クリスマスキャロル』をやっており、クリスマスは特に理想的な世界という感覚がして好きなんだそうです。

フラグルロックのベル祭り(The Bells of Fraggle Rock/きみのベルを鳴らせ)は宗教関係なく“冬至”という冬のお祭りであり、冬の深まりが自分たちの生存と関わっていることを表すエピソードです。

カレンさんは、シリーズの最初の方でこのエピをやっていたら別物になっていただろう、ちょうどいい時期にやったから洗練されたものになったし、見る人にも受け入れられた、と言っています。

このエピにジム・ヘンソンがカンタスとして参加しているのも楽しかったそうです。ジムは一旦パペットを手にはめると100パーセント演じ笑い楽しんでいたとのこと。クリエイティブな現場ではお互いの信頼と喜びの精神が魔法の物語を作る素晴らしい方法なんじゃないかとのことです。

フラグルロックは週前半に各準備と劇中歌を録音し、後半3日が撮影というスケジュール。
パペット製作や美術等との連携が必要だし、舞台下ではパペットを動かしている人たちがわらわらいて動き回るから前もって歌を録音することで歌部分の演技をうまくいくようにしていたそうです。

カレンさんは「レッドがゴーボーにボス風を吹かせるシーンが好き」とのこと。ゴーボーが時たま怖気づいたり迷ったりした時に「ゴーボー、なんやってんの。さ行くわよ!」ってやっちゃうところや、ベル祭りのエピでカンタスを囲み楽しく歌っているシーンでゴーボーが去っていかないようにしてるレッドの動きを上げています。

また、善人と悪人がいるのではなく中間の人がたくさんいて学びのチャンスがあるのではないか、例えばこのエピソードではゴーボーは情熱と善意で行動するけど全体像が見えておらず、もう少しで深刻な結果を引き起こしそうになって理解する。フラグルロックはシリーズ全体を通してそういうのをやろうとしてきたそうです。
フラグルロックは今見ても楽しめる作品だし、楽しいだけの子供番組じゃなくどう人生に取り組むかの指南になるのではないかと言っています。

シェリルさんもこれに同意し、フラグルの生き方は多様性の世界環境にあり、フラグルロックは今日の我々にとってメッセージ性の強いものだと思うと述べています。


詳しくは元記事をご覧下さい。 SYFYのページ → Fraggle Rock celebrates its 35th anniversary with a rememblance of he Bells of Fraggle Rock



コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

最近のフラグルロックのグッズとイベント紹介 [フラグルロック]

フラグルロック関連のグッズとイベントの話題をいくつか



所謂ファン向けのアパレルを取り扱っている LOOTCRATE からフラグルロックのウェアが出そうです。35周年記念の一環です。

 こちら→ LOOTwear のページ

Lootwear のツイッター「あなたはどのフラグル?」(誕生月判断)










もうひとつ
子供服アパレルの Little Hippie LLC からフラグルロックのブランケットが出ています。

 こちら→little hippie ジム・ヘンソンコレクション




冬用なのでフラグルたちも冬用の装いしたイラストになってますね。
こちらの会社からはフラグルロックの他にもラビリンスの服やトートバック等を取り扱っています。






イベントをひとつ
Fathom Events ×ジムヘンソンカンパニーのイベント
ジム・ヘンソンのホリデースペシャルとしてフラグルロックの『The Bells of Fraggle Rock/きみのベルを鳴らせ』と『Emmet Otter’s Jug-Band Christmas/かわうそエメットのがらくたバンド』の上映会が行われます。イベント期間は12/10-16(現地時間)
スペシャルゲストはシェリル・ヘンソンさん
詳しいことは以下のサイトをご覧ください。

 プレスリリース


コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

フラグルロックの仮装コスの作り方サイトの紹介 [フラグルロック]

更新の間が開いて自動的に広告表示が多くなってます。すみません。

フラグルロックのリスニングですがここ1・2年やっていないことに気がつきました。リスニングは終えたはずなのにいざ書こうと思ったらあれ何だっけ、いいやそうのうち…になったままです。ちょっと面倒。やっていたのは、このままじゃゴミー様が廃棄されちゃうってんでウェンブリーとブーバーが助けようとするエピ。めちゃくちゃ面白いのでいつかそのうち紹介します。


さて、ハロウィンシーズン。
フラグルの仮装する人向けに、ウェンブリーの仮装衣装を作っている人のページを紹介します。
ズバリ「ウェンブリーコスチュームの作り方」

How To Make A Wembley Fraggle Rock Costume

英語のページですが、材料や必要な道具まで書かれています。
ゴーボー、レッド、モーキー、ブーバー、マットの場合の生地の違いも書かれてます。基本的作り方は同じなので、応用は効きますね。



ちなみに、私自身パペット作り始めてますが、髪の毛の材料のオーストリッチフェザーは日本だとなかなか売っておらず値段も高くて色の種類も少ないです。どなたか安く手に入る方法をご存知の方は教えてくださいませ。



そうそう。
フラグルロックのブルーレイが発売されています!
届いたら改めて紹介するつもりですが、ちょうど忙しくなるので10月以内に更新できたら凄いと思ってください(ノ∇≦*) 気ままで行こう!
(以前の記事にブルーレイの紹介を追記しました→ フラグルロックのブルーレイ9月発売予定のニュース )





コメント(6) 
共通テーマ:キャラクター

ジム・ヘンソン展(ロサンゼルス)でのフラグルロックイベントパネル [フラグルロック]

ロサンゼルスのスカーボール博物館(Skirball Cultural Center)で現地時間7月24日にフラグルロックのイベントパネルが行われました。
題して「Happy Anniversary, Fraggle Rockers
フラグルロック35周年の一環です。
イベントではレッド役のカレン(Karen Prell)さんとブーバー役の(Dave Goelz)さんが登壇されました。司会は ジェリー・ネルソンさん亡き後のゴーボー役でもあるJohn Tartagliaさん。


Skirball Cultural Center公式HP「 Happy Anniversary, Fraggle Rockers」


ツイッターからイベントの様子を





カレンさんが実際にレッドの実演されていたことが判ります。


当博物館では現在ジム・ヘンソン展が行われており、フラグルロックの他マペッツやダーククリスタル等の展示がされています。(開催期間は 6月1日~9月2日)

ロサンゼルス以前に行われたシアトルでのジム・ヘンソン展の際もカレンさんとデイブさんのパネルがありました。その際はフラグルロックの他にもダーククリスタルやラビリンス等の話もされていましたが、今回のロサンゼルスでのパネルは「Happy Anniversary, Fraggle Rockers」とフラグルロックを前面に出していることから、恐らくフラグルロック中心だったのではないかと思います。
フラグルロックのブルーレイが今秋に予定されていますので、その宣伝も兼ねていたのかもしれませんね。



シアトルでのイベントの様子とブルーレイ発売予定に関しては以前の記事を参考にしてください。

ジム・ヘンソン展(シアトル)での「フラグルロック」他のトークイベント紹介


フラグルロックのブルーレイ9月発売予定のニュース



(追記)
レッドを動かしている様子の動画がアップされたので貼っておきます(っ*≧▽≦)つ


あああやっぱりかわいい~~~っ!!










コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

フラグルロックの劇中歌をジャズアレンジしてみる [フラグルソング]

このブログを始めた頃、フラグルロックの劇中歌を耳コピーして譜面にするコーナーというのがありました。
この数年やっていないのですっかり忘れていましたが、その時のアレンジ譜(手書き)が出てきまして、作曲ソフトを使って音源化したら楽しいかもと初挑戦してみました。
(音楽ソフトのMusescore2 さんを使用させていただきました。このテのソフトを使うのが初めてなので、全く慣れていません。まだまだ改良の余地がたくさんありそうですが大目に見て下さいませ)

フラグルロックの劇中歌を2つばかりピアノアレンジしています。
メロディーラインは原曲のままですが、私の好みでジャズっぽいコード進行にしたので、原曲とは違う感じになっていると思います。



「Mokey's Funeral/モーキーは帰ってこない 」(22話)より
Ragtime Queen』Music by Philip Balsam Lyrics by Dennis Lee

 
原曲がステキなのでそのままが一番なのですが、それだとわざわざやる意味がないのであえてアレンジしてます。

(音量注意)
Ragtime Queen』arrange by 笙野みかげ 



上のやつをアップテンポにしてベースとドラムを足してみたのがこちら





もう一曲
「I Want to Be You/モーキーになりたい」(7話) より
Dreaming of Someone』Music by Philip Balsam Lyrics by Dennis Lee


こちらもかなり(無理な)アレンジしました。メロディーは変えてませんが、コードが違うと随分雰囲気が変わります。

(音量注意)
Dreaming of Someone』 arrange by 笙野みかげ




(ん~、微妙な表現の再現が全然できていませんが、初めて音楽ソフト使ったにしちゃ上出来ってことにしておきます)





コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター
前の5件 | -