So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

― フラグルロックの再放送に関して ―

NHKから「映像が残っていませんでした」との返答がありました
とても残念です

NHKにはフラグルロックの映像が保存されていない件について

― メッセージ ―

・『ロードランナーvsワイリーコヨーテ』ゲーム攻略は別ブログに独立移転させました
 移転先 「砂漠で追いかけっこ」


・「英語初級者によるフラグルロックで英語勉強」始めました
フラグルロックを英語で見て理解したいという思いからリスニングしています
正直全く自信がありません
聞き違い、誤訳、スペルミス、「丸っきり違うじゃないか」等あると思いますが、暖かい目で見守って下さいませ

― これまでに取り上げた回はこちら ―

(コンプリートDVDに準ず)

ファーストシーズン
1話『Beginnings(そとの国ってどんなとこ?)』 その2 その3
4話『You Can't Do That Without a Hat(帽子がなけりゃ)』 その2 その3
5話『The Thirty-Minute Work Week(仕事さがしが大仕事)』 その2 その3
6話『The Preachification of Convincing John(ビルディング食べちゃダメ)』  ドーザービルの作り方
8話『The Terrible Tunnel(おそろし穴見つけた)』 その2 その3
9話『The Lost Treasure of the Fraggle(まぼろしの宝物)』
12話『The finger of Light(3つの命令)』 その2 その3 その4
13話『We love you,Wembley(恋しちゃったウェンブリー)』  その2
14話『The Challenge(リーダーはどっち?)』 その2 その3
17話『Marooned(友だちっていいな)』  その2 その3 その4
18話『The Minstrels(歌をさがそう)』  その2
19話『The Great Radish Famine(ゴミー様のねがいごと)』  その2
20話『The Garden Plot(敵がくる せめてくる)』  その2
22話『Mokey's Funeral(モーキーは帰ってこない)』  UKバージョン

セカンドシーズン
25話『Wembley’s Egg (ママになったウェンブリー)』 その2 その3
29話『Uncle Matt Comes Home(おかえりなさい、ぼうけんマット)』 その2 その3 その4
30話『Boober's Dream(夢で出会ったぼく) 』 その2 その3
32話『All Work and All Play(あそぶの大好き)』 その2 その3
34話『A Friend in Need(こまったときの友達)』 その2
39話 『Manny's Land of Carpets(まほうの箱)』 その2 その3 その4
41話 『Fraggle Wars(戦争なんかやめて)』
44話 『A Cave of One's Own(あんたなんか大きらい)』 その2 その3 その4 その5
45話 『Wembley and the Great Race(勝っても負けても)』 その2 その3

サードシーズン
49話『The Bells of Fraggle Rock(きみのベルを鳴らせ)』
53話『Blanket of Snow, Blanket of Woe(こおってしまったゴミー様)』  その2
54話『Pebble Pox Blues(病気がなんだ)』  その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8
55話『Home Is Where the Trash Is(クズーとボロロの家さがし)』 その2 その3
60話『Gobo's School for Explorers(規則をまもれば)』  その2 その3
61話『Scared Silly(イタズラはやめよう)』  その2 その3 その4 その5
63話『Born to Wander(ぼうけんマット誕生)』 その2 その3
64話『The Battle of Leaking Roof(屋根のあなをふさげ)』  その2
65話『Playing Till It Hurts(ケガにまけるな)』
68話『he Incredible Shrinking Mokey(ほんとの友だち)』  その2
69話 『A Dark and Stormy Night(出て来い!ゆうれい)』
71話『『Sprocket's Big Adventure』  その2 その3

ファイナルシーズン
76話『The Perfect Blue Rollie(しあわせの青い石)』  その2
77話 『Tune for Two(ふたりで歌おう)』 その2
80話『Wonder Mountain(ふしぎ山へいこう)』  その2 その3 その4 その5
82話『Space Frog Follies(カエルくんしあわせに)  その2
83話『Boober Gorg(ゴーグになったブーバー)』  その2 その3 その4
84話『Mirror, Mirror(かがみよかがみ)  その2
85話『The Riddle of Rhyming Rock(なぞなぞ岩のなぞ)』
87話『The Trial of Cotterpin Doozer(コッターピン大ピンチ)』  その2 その3
88話『The River of Life(川を大切に)』  その2 その3 その4
90話『Gone But Not Forgotten(思い出は心の中に)』
91話『Mokey, Then And Now(むかしへきちゃった)』  その2


サンクスギフト
『幻の97話』  『What Will the Fraggles Do ? 』&『What Will the Fraggles Do Now? 』


番外編
『Muppet Family Christmas(マペット ファミリー クリスマス)』  その2  その3

前の5件 | -

フラグルロックの仮装コスの作り方サイトの紹介 [フラグルロック]

更新の間が開いて自動的に広告表示が多くなってます。すみません。

フラグルロックのリスニングですがここ1・2年やっていないことに気がつきました。リスニングは終えたはずなのにいざ書こうと思ったらあれ何だっけ、いいやそうのうち…になったままです。ちょっと面倒。やっていたのは、このままじゃゴミー様が廃棄されちゃうってんでウェンブリーとブーバーが助けようとするエピ。めちゃくちゃ面白いのでいつかそのうち紹介します。


さて、ハロウィンシーズン。
フラグルの仮装する人向けに、ウェンブリーの仮装衣装を作っている人のページを紹介します。
ズバリ「ウェンブリーコスチュームの作り方」

How To Make A Wembley Fraggle Rock Costume

英語のページですが、材料や必要な道具まで書かれています。
ゴーボー、レッド、モーキー、ブーバー、マットの場合の生地の違いも書かれてます。基本的作り方は同じなので、応用は効きますね。



ちなみに、私自身パペット作り始めてますが、髪の毛の材料のオーストリッチフェザーは日本だとなかなか売っておらず値段も高くて色の種類も少ないです。どなたか安く手に入る方法をご存知の方は教えてくださいませ。



そうそう。
フラグルロックのブルーレイが発売されています!
届いたら改めて紹介するつもりですが、ちょうど忙しくなるので10月以内に更新できたら凄いと思ってください(ノ∇≦*) 気ままで行こう!






コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

ジム・ヘンソン展(ロサンゼルス)でのフラグルロックイベントパネル [フラグルロック]

ロサンゼルスのスカーボール博物館(Skirball Cultural Center)で現地時間7月24日にフラグルロックのイベントパネルが行われました。
題して「Happy Anniversary, Fraggle Rockers
フラグルロック35周年の一環です。
イベントではレッド役のカレン(Karen Prell)さんとブーバー役の(Dave Goelz)さんが登壇されました。司会は ジェリー・ネルソンさん亡き後のゴーボー役でもあるJohn Tartagliaさん。


Skirball Cultural Center公式HP「 Happy Anniversary, Fraggle Rockers」


ツイッターからイベントの様子を





カレンさんが実際にレッドの実演されていたことが判ります。


当博物館では現在ジム・ヘンソン展が行われており、フラグルロックの他マペッツやダーククリスタル等の展示がされています。(開催期間は 6月1日~9月2日)

ロサンゼルス以前に行われたシアトルでのジム・ヘンソン展の際もカレンさんとデイブさんのパネルがありました。その際はフラグルロックの他にもダーククリスタルやラビリンス等の話もされていましたが、今回のロサンゼルスでのパネルは「Happy Anniversary, Fraggle Rockers」とフラグルロックを前面に出していることから、恐らくフラグルロック中心だったのではないかと思います。
フラグルロックのブルーレイが今秋に予定されていますので、その宣伝も兼ねていたのかもしれませんね。



シアトルでのイベントの様子とブルーレイ発売予定に関しては以前の記事を参考にしてください。

ジム・ヘンソン展(シアトル)での「フラグルロック」他のトークイベント紹介


フラグルロックのブルーレイ9月発売予定のニュース



(追記)
レッドを動かしている様子の動画がアップされたので貼っておきます(っ*≧▽≦)つ


あああやっぱりかわいい~~~っ!!










コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

フラグルロックの劇中歌をジャズアレンジしてみる [フラグルソング]

このブログを始めた頃、フラグルロックの劇中歌を耳コピーして譜面にするコーナーというのがありました。
この数年やっていないのですっかり忘れていましたが、その時のアレンジ譜(手書き)が出てきまして、作曲ソフトを使って音源化したら楽しいかもと初挑戦してみました。
(音楽ソフトのMusescore2 さんを使用させていただきました。このテのソフトを使うのが初めてなので、全く慣れていません。まだまだ改良の余地がたくさんありそうですが大目に見て下さいませ)

フラグルロックの劇中歌を2つばかりピアノアレンジしています。
メロディーラインは原曲のままですが、私の好みでジャズっぽいコード進行にしたので、原曲とは違う感じになっていると思います。



「Mokey's Funeral/モーキーは帰ってこない 」(22話)より
Ragtime Queen』Music by Philip Balsam Lyrics by Dennis Lee

 
原曲がステキなのでそのままが一番なのですが、それだとわざわざやる意味がないのであえてアレンジしてます。

(音量注意)
Ragtime Queen』arrange by 笙野みかげ 



上のやつをアップテンポにしてベースとドラムを足してみたのがこちら





もう一曲
「I Want to Be You/モーキーになりたい」(7話) より
Dreaming of Someone』Music by Philip Balsam Lyrics by Dennis Lee


こちらもかなり(無理な)アレンジしました。メロディーは変えてませんが、コードが違うと随分雰囲気が変わります。

(音量注意)
Dreaming of Someone』 arrange by 笙野みかげ




(ん~、微妙な表現の再現が全然できていませんが、初めて音楽ソフト使ったにしちゃ上出来ってことにしておきます)





コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

フラグルロックのブルーレイ9月発売予定のニュース [フラグルロック]

2018y07m12d_210635522.jpg

フラグルロックの35周年記念の一環としてSony Pictures Home EntertainmenよりBlu-rayが発売されるというニュースです。

これまでDVDしか発売されておらず、日本はリージョンが違うため見られない人もいたと思うのですが、ブルーレイなら日本でも大丈夫ですね(ノ≧∀≦)ノ

発売予定は今年の9月25日。


フラグルロック全96話収録の12ディスク
本編の他にアニメシリーズは勿論、舞台裏の写真やトラベリングマットの自撮りまでついてくるそうです。

リマスター版なので以前発売されたDVDより画質音質も良いらしく、発音も明瞭になっているしブーバーの毛並みまで鮮やかなんだとか。
またボーナス部分にはこれまでのものに加え、新しいものが追加されます。

・Fraggle Music Celebration 所謂シングアロングですね~!劇中歌を集めたものです。その数なんと100曲以上!
・Life on Set: Moments with Jim Henson ジム・ヘンソン氏とのひととき
・1993 "The Today Show" Segment featuring Uncle Travelling Matt 1993年のThe Today Showでのマットのシーン収録


後はフラグルロックの舞台裏やクリエーターやパペッティアや博士やスタッフへのインタビュー、初期デザイン、打ち上げの様子、アニメシリーズの舞台裏、(以下多すぎて省略)、とにかく30周年記念のDVDに収録されていたもの全て入っているようです。(ただし30周年版に入っていたレッドのぬいぐるみは映っていないのでないものと思われます)


詳しくはリンク先をご覧ください
  Jim Henson’s “Fraggle Rock: The Complete Series” on Blu-ray in September



(追記)


コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

フラグルロック」ウェンブリー役スティーブのナイアガラコミコンパネル紹介 [フラグルロック]

先月の6月に行われたナイアガラコミコン(Niagara Falls Comic Con)にフラグルロックのウェンブリー役でもあるマペットパーフォーマーのスティーブ(Steve Whitimire)さんが登壇しました。

スティーブさんはウェンブリーの他にも、スプロケット(犬のマック)、『マペッツ』のカーミットやリゾ、『セサミストリート』のアーニー、『ラビリンス』のスケクシス、等々たくさんのキャラクターを演じていました。

2018y07m05d_175435766.jpg

その様子を映した動画がありましたので載せておきます。動画には一部始終が映っています。
Steve Whitmire (The Muppets, Sesame Street, Fraggle Rock) Niagara Falls Comic Con 2018 Full Panel




全部紹介すると長くなるので、ここではフラグルロックに関する部分だけ紹介します。
(いつものように意訳してます。私の英語力問題による誤訳その他は大目に見てくださいませ)


ー ウェンブリーについて
「ジム・ヘンソンは『ダーク・クリスタル』とかの仕事で忙しかったから、フラグルロックでは主役キャラはやらずに僕らに任せたんだ。僕は(マペッツの)リゾなんかはやっていたけど、それまで自分自身で発展させてくキャラはやったことがなかった。ウェンブリーは当時の僕と重なる。僕は二十歳かそこらでどっちつかずで物事を決められなくて、パペットを通してセラピーしてるような感じだだった。今よりずっと情熱もクリエイティブな力も大きかったしね。他のフラグルが会話してる時のウェンブリーが好きだったな。ウェンブリーは会話に参加してなくて他のフラグルの後ろにいるんだけど、何を言おうとしてるのか理解しようとしてて、それがすごく面白かった。パペッティアとして成長した役だった」


ー フラグルロックの映画化の話はどうなってるのか
「フラグルの映画に関して僕は部外者だし全く分からない。フラグルロックはヘンソンカンパニーに権利が残ったままだけど、どうしてまだ実現しないのかは知らない。思うにビジネス面の問題で、正しいプロデューサーやスタッフを見つければ実現するかもしれない、当時のスタッフかどうかは別として。新しいフラグルに新しいパペッティアかもしれないし。5人中4人のパペッティアは生きてて、同じキャストでやってほしいという声は聞くし、そう願ってるけどね。当時の仕事場のあの空気感はかけがえのない資産だったから。あのスピリットを取り戻してほしいけど、難しいよ。あれはジムが引き起こしてたものだったから。一般的にリメイク映画がオリジナルとは違うように、アップデートして現代版にして新しいファンを獲得しなきゃでしょ、オリジナルの大事な部分は残しつつね。お金もかかるし。進展があるといいんだけど。…色々言ったけど、実際どうなっているか何も知らないんだ(笑)」


ー 海外版スプロケット(犬のマック)ついて
「(ドイツ、フランス、イギリス版)は David Barclay が演じたんだ。優秀なパーフォーマーだよ。トロントで撮影したオリジナルは僕が演じた。博士役のJerry Parksと一緒にね。(ドイツ版に関して)最初は僕がやることになってベルリンに行ったんだ。ドイツ語は分からないけど大丈夫だと思ってた。(スプロケットは喋らないから)。でもドイツ版の博士がスプロケットに話しかけても理解できなくてどうしたらいいのか分からなくて困ったよ。それで言葉が分からないとできないと言ったんだ。結局別のチームを組むことになりDavid Barcley と Mike Quinn という優秀なパペッティアが海外版をやることになったんだ」


ー博士役のJerry Parksについて
「本当にいい人だった!大好きだったよ!役者として素晴らしかったよね。スプロケットは犬だから喋らなくて、実際は彼がスプロケットのセリフを引き出してスプロケットが何を言いたいのか喋ってるわけでね。つまり博士のセリフを覚える一方で、スプロケットの言いたいことまで把握してなきゃいけない。全てジェリーにかかってたんだ」



こんな感じだと思います。

あ、あと『マペットファミリークリスマス』でスプロケットがジム・ヘンソンと一緒にいたシーンが印象深いとも言ってました(≧ω≦)彡☆

この他、ご自身の経歴や『マペッツ』『セサミストリート』『マペットファミリークリスマス』『ダーク・クリスタル』『ラビリンス』『恐竜家族』等の話から、カーミットのこと、リゾのこと、パペッティアについて、ジム・ヘンソンについて、etc, 諸々答えています。

スティーブさんはこれまで(マペッツと一緒はあっても)ご自身では直接ファンと交流することが殆どなかったそうで、コミコン出演も今年が初めてだとか。今年はフィラデルフィアを初め色々な場所のコミコンのゲストになっていて、ファンの質問に直接答えています。
フラグルロックのトリビアが増えるかもしれませんねー o(*⌒―⌒*)o


そういえば、フィラデルフィアのコミコンでは『ダーク・クリスタル』の科学者スケクシスをやった際ジムやフランクから「その声はどうやって出すんだ?」と聞かれたことやスケクシスはフラグルに出てくるマーロンと基本的に同じ喋り方で、マーロンは自分がやった中で最もクリーピーなマペットだったと言ってました。

それにしても、フラグルロック映画化の話はレッド役のカレンさんもどうなっているのか全然分からないと言っていたし、ん~、一体どうなってるのやら…



全体の内容は下記のPAMI-roh さんのサイトで紹介されていますので、是非ご覧くださいませ。
ナイアガラ・コミコンにSteve Whitmire氏登壇




コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター
前の5件 | -